会社を辞めたいけど、なかなか踏み出せない人に伝えたい5つの考え方

働き方、生き方
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「会社を辞めたいけど、本当にこの状態で辞めて良いのか…。」

「仕事で成果を残してから辞めたほうがよいのでは…」

会社員時代の頃、ふと退職を考えた時にこんな思いが頭をよぎりました。

本当に、一つの組織を脱するのって予想以上に大変だし、エネルギーを消耗しますよね。

今回は、会社を辞めたいけれど、なかなかその行動ができない…と思い悩んでいる人に、退職の時に自分を勇気づけてくれた5つの考え方をご紹介します。

1.最良の決断は、自分にしかできない

結局は、会社に残留するのも、退職して他のキャリアを歩むのも、自分次第です。

同じ組織にいる以上、上司や同僚、部下はいろんな想いをぶつけてきますが、本来は自分に関係ありません。

一見、筋の通っている意見でも納得出来ないなら、それは自分にとっては間違っているのです。

人のいうことに「はいはい」と心も体も従うのは、学生まで。

踏み出す勇気をもらおうとしてない?最終的な決断は自分にしかできない
踏み出す勇気はもらうものじゃなく、作り出すものです。踏み出す勇気は、他人にはどうしようもできません。最終的には自分なのです。踏み出す勇気を持ちたいなら、まずは様々な生き方の選択肢があることを知りましょう。
親や大人の言うことを聞くのは中学生まで。もう良い子ちゃんでいるのはそろそろ飽きたでしょ?
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 「言うこと聞きなさい」 このセリフが頭から離れずに、呪縛のようにからみついている人結構いると思います。 しかし、もう良い子ちゃんはいいんじゃないですかね? なぜな...

最終的な決断は全て自分。良くいえば、全て自分で決められるんだから自由なのです。自由にアルバイトしながら夢を追うのでも良いし、海外に放浪しに行っても良いわけです。

2.何かをやめるのに明確な理由は必要ない

会社を辞める理由を明確にする必要があるのは、「上司を説得させる」「上司が上長に報告するために必要だから」とただそれだけです。

というより、会社を辞める明確な理由って、なかなかないもの。しかし、「この会社は良いけれど、なんとなく将来性が見えない…」という漠然とした不安も立派な退職理由。

ただ、このまま上司に報告すれば、それは反感を買うでしょう。だから、聞こえの良い理由を作るだけなのです。

退職を拒否することは法律違反なわけで、過去記事でも書いたとおり、そんな会社はブラック企業です。

辞める理由は、気にしなくて良いんですよ。ただ、決断して前に進めばそれでOK。

何かを辞めて新しいことをするのに「100%納得できる理由」を見つける必要はない
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 最近、ブログを書くようになってから、「会社を辞めたいけれど、どうすれば良いか?」といった相談を受けるようになりました。 相談の中で、僕が実際に会社を辞めた話をするのですが、そ...

3.「3年は続けよう」という言葉に根拠はない

よく耳にする「会社は最低でも3年続けましょう論調」、これには何の根拠もない。

ただの一般論です。「これ、確実に向いてないわ」って思っているのに続けるのは、自分を痛めつけるだけで何も生まれません。

3年いなくても自分に適していないと悟れるのは、むしろ優秀なのです。優秀な人から先に辞めていくというのもそういう道理。

「嫌な仕事も3年ひとまず続けよう」という論理は破綻している
嫌な仕事を続けることに何の意味があるのでしょうか。自分の人生は有限なのです。少しでも自分がやりたくないことをやめて、情熱の持てるものに近づく事が大切なのです。それは、すぐにはできませんが、嫌な仕事を止めることは今からでも可能です。
情熱を持てない仕事をやめるから、「やりたいこと」が見えてくる
情熱を持てない仕事をやめるから、やりたいことが見えてくるもの。良しとしない環境にとどまれば、必要以上にエネルギーを消耗し、前向きで生産的な事を考える余裕もなくなってしまいます。まず、情熱をもてない仕事をやめましょう。

4.不向き・苦手な環境では本来のパワーは発揮できない

不向き・苦手な環境で働いていては、本来のパワーは発揮できないと僕は思っています。

スポンサーリンク

仕事が上手くいかなければ、まず自分の能力よりも、環境、人間関係を疑ってみましょう。

仕事がうまくいかないと思ったら、まず今の環境を疑ってみる
仕事がうまくいかない事を自分のせいにしてませんか?今いる環境は本当に良いですか?環境が劣悪だと、能力が高くても仕事がうまくいかないという感覚を持つ事になります。仕事がうまくいかない状況を脱したいならば、まずは今いる環境を疑いましょう。

合わない環境、苦手なことをやっている状態で頑張るのは、大阪まで新幹線使わずに徒歩で行くようなもの。要は、やせ我慢なのです。

嫌なことばかりをやっているほど、人生は長くないです。嫌なことからはどんどん逃げて、好きなもの・ことだけ残していきましょう。

我慢ばかりの人生なんてもったいない。嫌ならどんどん逃げよう。
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 逃げるというと、「苦しい時に逃げたら成長はできない」「今逃げても、また同じところでつまづくよ」といわれたりします。 実際、僕自身もこうやって何度も言われて...

また、会社で働く、組織で働くのがイヤ、という考え方は全くわがままじゃない。

人には適性というものがあり、会社員が向いている人もいれば、個人事業主が向いている人もいて、社長が向いている人もいる。

向いていないと思ったら、いろいろやってみるのが良いと思います。

組織で働きたくないという気持ちはわがままなの?あらためて考えてみる
組織で働きたくないという気持ちはわがままではありません。向き不向きの問題です。仕事ができないのは、組織に不向きで力を発揮できてないだけかもしれない。組織で働きたくないなら、在宅やフリーランスという道も考えてみるのも良いかもしれません。

今は、働く場所・スタイルも多様化していますし、以前よりもフリーランスや独立がしやすい土壌ができつつあります。

会社員に向いてないな思う人は、「リモートワーク×出勤」「派遣×在宅」など、いろいろな働き方を掛け合わせて自分にあった働き方にカスタマイズすることが可能になってきています。

柔軟の利く仕事も求人サイトに徐々に増えていて、「Wantedly」や「ジョブセンス」、「バイトーク」らへんがおすすめですかね。

ちなみに、僕は会社員には本気で適性がないと、1年で悟りました。これは、フリーランスになって、より強く実感しています。フリーランス万歳!!

僕が会社員として働くことに向いてないと気づいた瞬間5つ
フリーランスになり、改めて自分はサラリーマンに向いてないと気づきました。当時は会社勤めが全てと思ってました。しかし、外の世界を見れば、サラリーマンに不向きと退職した人が活躍しています。結局は、いかに自分にとって最適な環境を選ぶかが大切です。

5.万全な準備をさせてくれるほど、人生は長くない

「今の肩書もったいないから」「お金がもったいないから」「時間がもったいないから」

「もったいない」と思ってばかりだと、いつまでたっても新しい挑戦、感動に出会えません。

むしろ、時間もお金も使ってしまう結果を生んでしまいます。

「もったいない思考」でいると、結果的にお金も時間も浪費してしまう件
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 ちなみにこの考えは、過去記事で紹介した筆子さんの書籍「1週間で8割捨てる技術」でインプットした考えです。 以前、紹介した書籍はこちら↓ 1週間で8割捨て...
「将来のためだから」といつまでガマンするつもり?結局いつやるの?
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 昔はとにかく計画作って、それ通りにいくように常に計画表とにらめっこみたいな。。 計画も大切なのですが、将来のことばかり考えるようになってしまって、今に集中できないのでこういっ...

自分が死ぬ直前に何を思うのか、僕はそんなことばかり考えて、いつも就寝しています。

今日、一日を100%で過ごせたか?そう自分に問いかけることが大切なように思えます。

まとめ

  • 最良の決断は、自分にしかできない
  • 何かをやめるのに明確な理由は必要ない
  • 「3年は続けよう」という言葉に根拠はない
  • 不向き・苦手な環境では本来のパワーは発揮できない
  • 万全な準備をさせてくれるほど、人生は長くない

でございました!!ぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスでWEBライター。ADD(グレーゾーン)が原因で入社半年で社内失業してフリーランスに。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。新しい働き方LAB 京都コミュマネ。足を使っていろんな場所へ取材に行く、隠れ体育会系のHR・旅・食ライター。食い意地がすごく、旅の目当ては観光地よりもご当地グルメと寂れた町並み。 発達障害(ADD)の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【多拠点居住/京都/料理/豆乳/自転車】