プロフィール

この記事は約5分で読めます。

訪問ありがとうございます。

ここでは、管理者である僕の紹介を書いていきます。

FUNNARY-Writing Office(旧おれじなる)とは?

元の「おれじなる」というブログタイトルには、「自分らしくなろう」という意味が込められています。

このブログはもともと、「自分の個性を出し、生き生きと過ごす・働く人を増やす」ことができたらと思って設立しました。

僕自身、ADHDとASDという発達障害であり、そのことから人一倍、自分の欠点や長所について考えることが多くありました。

2019年に入り、僕自身を取り巻く環境や自分の考え方も徐々に変化したことと事業規模が拡大したため、「遊びが仕事に、仕事を遊びに。」というテーマを残しつつ、屋号を「Funnary」に決め、これをサイトタイトルにしました。

Funnaryには、Fun(楽しい)Fan(ファンを作ろう)、そして上品に明るく陽気なさまという意味を表す京言葉「はんなり」もかかっています。

「楽しいこと、好きなことに没頭することで、周りから応援される人になる」そういう人を増やしたいという思いから、この名前を付けました。

管理人ってどんな人?

ふざけること大好き、でもマジメなことも好きな黄金の88世代。マー君や卓球の愛ちゃんとも同級生のゆとり世代代表格です。

さらに細かい経歴はこちらをクリック!

初めに読んでもらいたい7記事でも、自分の普段の活動や考えていることが分かります!

華やかな芸能の世界に憧れる少年時代

小学校から、華やかな芸能の世界に憧れて「歌手(ミュージシャン)で食べていきたいなー」と漠然と思っていました。

大した活動もせず、大学4年間はバンドサークルに入ってドラムを叩くだけでくすぶりながら過ごしていました。

その後は、なにをしたいのか分からずに、とにかく軸も定まらずにフラフラ。

生き迷った20代。”詐欺師”のカモにされる

就職もしたくなかったので、親にお金出してもらって専門学校に入学して1年半で中退したり、儲け話にまんまと騙されて投資詐欺で50万円を支払い、さらにうさんくさいビジネス塾にもお金を注ぎ込んでしまい(モノを売る前にやめました)、計80万円が一瞬でなくなり、結果親に肩代わりしてもらいました。

その後はシェアハウス事業で独立するものの、トラブル続きで大揉め。

半年でたたみ、個人でフリーランスをやるものの、月1万円程度の仕事しか得られず、軽いうつ状態に陥って実家に引きこもりがちに。

そこから気持ちを改めて、一人暮らしをして大手IT企業に入社するものの、社会不適合っぷりは全く治っておらず、わずか入社半年で社内失業状態になりました。

このままでは社内にいるのも地獄状態、転職するにもロクな実績がない・・・。

ここが僕の人生のターニングポイントであり、どん底でした。

「音楽で食べていく」夢を思い出し、独立。

そこから人生設計を本気で考え、小さい頃から考えていた「ミュージシャンで食べていく道にチャレンジしたい」という気持ちと本気で向き合うことを決め、ノープランで会社を退職してフリーランスに。

ADHDの診断をもらったのも、ちょうど会社をやめてすぐの頃。うっかりミスの原因が障害ということが分かり、ホッとしたようなショックなような複雑な気持ちだったのを今でも覚えています。

フリーランスになり、「ライター」という仕事を未経験ではじめました。

このライターという仕事に出会い、仕事は楽しいものという事に気づきました。(実績はこちらにまとめています)

お仕事のお問い合わせはこちらから

仕事をもらい続けていったところ、独立からわずか10ヶ月で新卒初任給を越えてアルバイトも卒業できました。(詳細はこちら※外部記事です

フリーランスの仕事が一旦軌道に乗った頃、音楽で食べていく足がかりとして、音楽イベント団体「MUSICROWD」を立ち上げ、日々音楽イベントを開催するように。

年間で70本近くのイベントを打ち、徐々に来る人の数も増えていきます。

しかし……肝心の音楽活動は順調ではありませんでした。バンドで活動していこうと思っていましたが、良いメンバーも見つけられず、チームでやっていくことを断念。

自分で歌ってソロ活動をすることに。とはいえ、人前どころかカラオケでも歌ったこともなかったので、ボイトレに行くことに。

やりたいことが分からなくなった

独立4年目、ボイトレなどと並行して、音楽イベント、ライター、他にもBARの運営など、多方面にいろいろなチャレンジをしていました。

多忙なのに加え、そして自分のやりたいことと真剣に向き合った結果、「歌う」ことが死ぬほど嫌になってしまいました。完全に心がポキっと折れてしまいました。

独立のきっかけでもあり、自分の支えとしてきた「音楽」が急になくなり、自分がやりたいことはなんだったのかわからなくなりました。

「人に気づきを与える」という核に気づけた

整理するために、ペンとノートを持ち、ホテルに引きこもったときもありました。

そのくらい悩み悩んで、徹底的に自分の頭の中を整理しました。

そこで、「人に気づきを与える」という自分の核を見つけることができました。

手段は音楽だけじゃない、今しているライターでも、なんなら動画でも、カウンセリングでも。

選択と集中。自分の役割は「フラットに本質的なアドバイスをすること」

5年間回り道をし、「フラットで本質的なアドバイスをすること」という強みに気づけました。

つまり、今までやっていたライターの仕事が自分にとって天職だったのです。

ここに気づけたことで、ライターの仕事に全力で振り切ることができ、仕事が増えただけでなくキャリア相談、セミナー登壇などのご連絡をいただく事が増えました。

そして、昨年末に「新しい働き方LAB byランサーズ」と出会うことができ、コミュニティマネージャーに就任させてもらいました。

新しい働き方LAB by ランサーズ
ランサーズと全国のフリーランスの共創による、つながり・気づき・学びをコンセプトとした「新しい働き方コミュニティ」。専業・副業・複業をはじめ、これから新しい働き方をしたい人も集まる場で、誰もが自分らしく働ける社会づくりを目指します。

自分らしい働き方をロールモデルとなって体現していく

ブログを更新している理由も、SNSもやっている理由も、全てこれです。

自分がロールモデルとなって、背中で発信していきたい。

そのためには、旅をしながら働いたり、いろいろなことにチャレンジし、楽しくポジティブに生きることが大切です。

それを今後も続けていこうと思っています。

こちらの取材された記事もあわせてどうぞ!

卒論で「副業」を提案し却下された元学生のフリーランス的な生き方
こんにちは!サイドラインズのランボーです。 突然ですが、皆さんには「諦めきれない夢」はありますか? 「まさにい ...
複業の実践:「遊ぶように働く」。失敗を乗り越え、働き方の工夫を通して得た独自の道 | GOING・GOING・LOCAL
今回のキャストインタビューは、フリーライター、コミュニティマネージャー、音楽イベント団体の責任者など、活躍の場を広げている俵谷龍佑さんです。Going・Going・Localでは、山梨県のワイナリーの作り手インタビューを手がけていただきました。今回は、俵谷さんがいまの生き方にいたるまでのお話しや、ご自身が取材するうえで...
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】