「将来のためだから」といつまでガマンするつもり?結局いつやるの?

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

昔はとにかく計画作って、それ通りにいくように常に計画表とにらめっこみたいな。。

計画も大切なのですが、将来のことばかり考えるようになってしまって、今に集中できないのでこういったやり方はもう止めました。

ときに準備は都合の良い言い訳になる

ある程度の準備は必要。ただ、準備は終わりがないからどこかでさっさと行動の段階に入らないといけない。

準備が行き過ぎると、今度は準備が言い訳になるのです。

「今はまず資金を作らないと」
「今はまだスキルがないから」

準備してれば、行動せずに済むからある意味ラクなわけです。行動を踏み出すのも続けるのも大変。

思い通りにいかないし、自分の理想とのギャップに悩まされるし。

スポンサーリンク

ただそれでも行動しないと何も始まらない。
今、僕は音楽活動に向けて独学で作曲の勉強しているのですが、あまりに時間がかかりすぎてるから人に教えてもらうことにしました。このままだと、準備を言い訳にして逃げそうだったので。

今からでもできることをして1mmでも前に進む

今、僕が音楽活動に向けて行っていることは、まず音楽イベントを主催して人脈を作ること。

あとは、このブログを書き続けて自分を求めてくれる(ファン)を少しでも増やす。今すぐに音楽活動ができなくても、できることはいくつかあります。

ただ、準備してるだけだと、結局、本当にやりたいことはできぬまま先延ばしになるだけなのです。

それじゃ本当に意味が無い。今できないのなら、今できることをちょっとでもいいから始めないと。

[no_toc]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスでWEBライター。ADD(グレーゾーン)が原因で入社半年で社内失業してフリーランスに。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。新しい働き方LAB 京都コミュマネ。足を使っていろんな場所へ取材に行く、隠れ体育会系のHR・旅・食ライター。食い意地がすごく、旅の目当ては観光地よりもご当地グルメと寂れた町並み。 発達障害(ADD)の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【多拠点居住/京都/料理/豆乳/自転車】