もし社内失業になったら?過ごし方を経験者が赤裸々に語るよ

スポンサーリンク

社内失業って、本当に良くないですよね。

僕も、実際に社内失業を経験しましたが、あれは本当に組織の闇。

「社内失業は自分とは関係ないね」と思っている人・・・本当にそう言い切れますか?

今後、多くの仕事が機械に取って代わり、自分の担当の仕事がなくなる日が来れば、

社内失業どころか失業することだって考えられるのです。

決して他人事にはできない問題です。

「社内失業」って言葉知っていますか?

社内失業という言葉の説明を改めて。

社内失業とは・・・

会社に属してはいるものの、担当の仕事がなく(もらえても3日に1回など)ただ出社するだけの半ば失業状態になっていること

を指します。

社内失業をする人の心理というのは、「こいつは使えないから仕事を渡さないでおこーっと。本当はクビにしたいけど、法律上できないから放置しておけばいいんじゃね」ということです。

配置転換で、一定期間、仕事がなくなるというレベルではなく、「仕事ありますか?」と頼んでも、もらえないのが社内失業です。

仕事を頼んでももらえない。これほど辛いことはないです。

仕事があってクソ忙しいのも辛いですが、仕事がないのに出社しないといけないのもまた辛いです。

社内失業の長期化は、うつの入り口

僕の社内失業歴はだいたい5ヶ月くらいでした。(不毛だと思い、速攻で退職したので)

しかし、僕があのまま会社にいたら、おそらく精神を病んでいたでしょう。

そのくらい、社内失業という仕打ちは酷なものです。

「何をやっても成功する気がしない」と思えてきてしまうのです。

この状況を打ち破る強靭なメンタルを持ち合わせている人はよいですが、ほとんどの人はこの状況を打破する前に精神を止むと思います。

社内での評価でしかないのに、不思議なもので「社会に求められていない存在なんだ」と思ってしまうんですよね。

だから、他の社員から「あいつ、何で会社にいるの?と思われてるんじゃないか」とか、「笑われているんじゃないか」とか、すごい被害妄想になります。

もし社内失業になったら?過ごし方を紹介

社内失業は突然訪れます。

僕の場合は、新卒で入社してわずか半年で訪れました。

「新卒でもなるんだー」となぜか客観的に自分のことを見ていたものです。

もし、社内失業になったら?

あまり、社内失業の過ごし方について書かれている記事がなかったので、まとめたいと思います。

仕事を積極的にもらいにいく

最初のうちは、希望を持って上司に仕事をもらいに行きました。

仕事がないヒマは本当につらいです。

しかし、途中からもらえないことがわかったので、あきらめました。

部署や事業部移動の話を上司に相談する

すぐに辞めたわけではなく、一縷の望みをもって、部署や事業部移動の相談はしました。

しかし、僕は部長や課長から評判が悪く、認められませんでした。

社内失業のまま、消耗するのもバカらしいので、退職をすることにしました。

関連記事

社内失業したのを機に、苦手分野を克服しようと努力するのをやめた話

自分が学びたいものを勉強する

とは言うものの、すぐに退職できなかったので、その間は自分に必要なスキルを学ぶ時間にあてました。

退職前からライターになるプランはあったので、様々な人の文章を読み、自分で想いを綴ってみたりしていました。

他の人の提案資料を見る

あまりにヒマだったので、他の人が社内で共有していた提案資料を見ていました。

色々な人の提案資料を見るのは楽しく、社内失業の過ごし方としてはおすすめ。

しかし、この時見た提案資料が今活きているかといえば、それはちょっと分かりません。

求人サイトを見ていた

社内失業の過ごし方で最も有効的なのがこれかもしれません。

スポンサーリンク

上のことを全部やっても、ヒマで仕方がなかったので、仕事探しに時間をあてていました。

見られるんじゃないかというヒヤヒヤ感とか、罪悪感は多少ありますが、もはや社内失業しているので、開き直りましょう。

まとめ「社内失業」を作り出す会社は異常。さっさと新しい環境に行こう

と、ここまで社内失業における過ごし方を紹介しましたが、

つまるところ、社内失業をする会社って異常なんですよね。

僕は社内失業の時、実は異常とあまり思っていませんでした。

集団心理が働き、「自分ができないからいけない」と思ってたんです。

しかし、退職してみて異常さを知りました。

はっきり言います。社内失業の状態を作り出す会社は異常です。

異常な環境から離れなければ、どんどん世間とかけ離れた常識を植え付けられてしまいます。

とっとと離れましょう。

こんな環境に埋没して消耗して、せっかくの時間とやる気を削ぐにはもったいなさすぎます。

とっとと新しい環境に行くことに消耗した方が良いですよ。

しきりにこのブログで書いていることですが、今は勇気さえあれば、様々な働き方を選べる時代。

いろんな転職サイト、サービスが出ていますし、今は多様な働き方をするにはチャンスですよ。

だから、まずは知ること。

色んな情報に触れて、いろんな会社、働き方があることを知りましょう!

おすすめの転職サイトはこちら(登録無料です)

とりあえず、応募しておきたい求人サイト

面白い求人がザクザク見つかる

在宅ワークを扱っているサイト

空いてる時にスキルやモノを売れるサービス

  • ココナラ(500円でスキルを売れるサービス)
  • akippa(自宅の駐車スペースを貸し出せるサービス)
  • Airbnb(自分の持っている物件を貸し出せるサービス)
  • Uber(自分の車で人を送迎できるサービス※地区限定)
  • メルカリ(不用品を売買できる)
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら