新米フリーランスにはありがたい「住民税分納」

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

会社で支払っていたものが個人に切り替わるということで、先日通知が来ました。

退職する前に知りたかった!退職に伴って発生する面倒なこと3つ
退職には、多くの時間を労します。お世話になった人へのあいさつ回りやお礼の品を考えたりと、気をもみます。また、書類手続きはとても煩雑で、時間がかかります。社内だけでなく、税金・社保の書類手続きも済ませないといけません。

にも書きましたが、とにかく公的手続きは面倒で時間もかかるので、放置をしていましたが、知人から住民税は分納をできるということを聞き、手続きをすることにしました。

住民税は実は分納できる?

income-tax-491626_640

住民税は知人に聞くまで分納できることを知りませんでした。こんなに親切な制度があるなんて!

フリーランスになりたての自分にとっては1回40,000円、計80,000円の支払いでもきついです。分納は支払い期限がまだ先であればあるほど、支払額や分納回数を設定できるので有利です。早めに手続きしてしまいましょう。

分納できる条件は?

time-750324_640

分納できる条件は「所得が低くかつ会社でなく個人で支払っている」場合です。

収入証明は通帳ベースでも大丈夫です。フリーランスになりたてであれば、おそらくほとんどの確率で受理されます。

スポンサーリンク

分納は自分の好きな回数に設定できる

money-615878_640

さっき書いたように期限が余裕があればあるほど、分割も融通が利きますし額も自由に設定できます。私の場合は、6回払いにしました。市役所の人が計算をしてくれます。

分納の手続きはいたって簡単

calculator-178127_640

収入証明、身分証、印鑑があれば手続きができてしまいます。収入証明は上にも書いたように通帳ベースでも可です。

まとめ

私はこの手続きで完了しましたが、市によっては異なるかもしれないので、念のため手続きする際は住まいの市役所に連絡をしましょう。

▼あわせてこちらの記事もどうぞ▼

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

「旅しながら働く」フリーランスのWEBライター。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。学生時代にバイトを2回クビになり、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。採用・地方創生が専門領域。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。