「ストレングスファインダー(日本語版)」を受ける手順をまとめました

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ついに、念願のストレングスファインダー(日本語版)のテストを受けました。

ストレングスファインダー(日本語版)とは、アメリカのコンサル会社であるギャラップ社が開発した「強み診断ツール」で、精度が高く正確に診断を行ってくれるとのことで、一部ブロガーの間で話題になっております。

早速僕も、ストレングスファインダー(日本語版)の本を購入したので、読んでから診断をしようと思ったのですが、読んでいる最中にテストを受けたくなってしまい、フライングで診断してしました。

ストレングスファインダー(日本語版)の概要

基本的には、二択の質問からマーク式に回答していく感じ。

就活で受ける「適正診断」のようなものと思ってもらえれば。

質問数は全部で177問で、制限時間が1個につき20秒、計30~40分かかります。

結構、エネルギーを消費するので、集中できる環境or30~40分確保できる時に実施を!

診断後、5つの強みを特定してくれます。

ストレングスファインダー(日本語版)を受ける方法

これ、意外と分かりにくかったので、以下にて説明します。

ストレングス1

ストレングスファインダー(日本語版)にアクセスします。(画像をクリックしてもらえれば、リンクに飛びます。)

ストレングス2
続いて、本についている[アクセスコード]を入力します。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2016-06-28 15.47.52
次に自分の基礎情報を入力します。ユーザー名とパスワードは忘れないようにメモをしておきましょう。

スクリーンショット 2016-06-28 15.52.51
「Clifton StrengthsFinderテストを受ける」にチェックをいれて[続行]をクリックします。

スクリーンショット 2016-06-28 15.53.59
ここからテスト画面に入ります。
[次へ]を押すと、テストにおける前提質問をいくつか答えた後、すぐにテストが開始します。

▼書籍はこちら▼

ちなみに、アクセスコードは一人一個という決まりなので、もしストレングスファインダー(日本語版)の診断を受けたければ中古ではなく新品でご購入くださいませ!

僕がやってみた診断結果はこんな感じでした↓↓

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 知り合いのブロガーさんがみんなこの「ストレングスファインダー...

こちらも合わせて読まれているみたいですよ?

チームワークが苦手な人も働ける時代?個人で完結する仕事が増えている

見栄はって自分のだめな部分を克服する必要あるの?強みを伸ばすことに真剣であればそれでいいと思う。

自分は当たり前と思っていても、他人にとってはそれが「強み」だったりする

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています