チームワークが苦手な人も働ける時代?個人で完結する仕事が増えている

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

チームワークが苦手な人、意外と多いんじゃないでしょうか?

僕は、チームワークが大の苦手です。大が3つつくくらい苦手です。笑

チームワークが苦手な人が組織で浮いてしまう理由

チームワークが苦手だと、会社や組織だとどういう理由で浮いてしまうのか?

僕もこれほとんど該当するのですが、こんなところですかね?列挙してみます。

  • 付き合いが悪い(飲み会に来ない)
  • 雑談に混じらない
  • あまりに過度な確認や報告を不要と考える
  • 残業を嫌がる
  • 業務時間中に散歩に行く(周りからはどこいった?となる)
  • 他の仕事を積極的に手伝いたがらない

当人は、無意識にやっていることでも、これらの行動が他の社員からすれば「なんなんだ、あの人は?」となるんですよね。

悲しいものです。。

チームワークで働くのが苦手な人をタイプ別に分類してみた

そもそも、なんでチームワークな苦手な人は、組織や会社でうまく働けないのでしょう?

チームワークが苦手な人にも様々なタイプがいると思います。

僕自身がチームワークが苦手な人でもあるので、自分なりにチームワークが苦手な人にはどういう人がいるのか分類してみました。

商品や価値を生みだしたいという欲求が強い(職人タイプ)

僕は完全にこのタイプです。

チームワークで一番苦手なのが、確認や報告の作業です。

組織が大きくなるほど、コンプライアンスなど縛りがきつくなるため、この確認や報告の作業が重要になります。

しかし、商品や価値を生み出すことに時間を費やしたいと思う人にとっては、この業務は非常に面倒で邪魔なわけです。

本来、誰かに任せてしまいたいことですよね。

そういう人は「職人タイプ」であり、一人で黙々と仕事をしたいという気質があります。

要は、仕事好きというタイプですね。

とにかく効率を重視したい(起業家・経営者タイプ)

チームワークで働けば効率の良いこともありますが、悪いこともあります。

特に組織となれば、企業風土などに大きく影響されてなかなか悪しき習慣(非効率な習慣)が抜けなかったりします。

企業ですから、息巻いて効率化を求めてもなかなか反映されません。

効率を重視し、とにかく無駄なコミュニケーションや会議をなくしたい、、

同じデスクでずっと仕事やるのは死ぬほど非効率、いろんな場所で仕事をした方が効率的なのに・・

こう考える人は、起業家、経営者タイプです。

時間にシビア、効率的に物事を済ませてしまいたい。

もしかしたら、人の下よりも人の上に立った方が良いかもしれません。

人と極力関わりたくない(作家・アーティストタイプ)

チームワークは大の苦手。

できることなら人と関わらずにひっそりと生きたい。

仕事もさほど好きじゃない、別にお金に執着もない。

できることなら仕事せずに、片田舎でひっそり暮らしたい。。

そんな人は作家、アーティストタイプです。

チームワークが苦手というよりも、そもそも気質として向いていない可能性もあるので、無理をして会社員をしていると精神的に参ってしまうかもしれないので、注意が必要です。

ここに該当しない人は…

自分の性格や性質がよくわからない…。そんな方には、

リクナビの「グッドポイント診断

さらに細かいものだと「ストレングスファインダー(有料)」(診断を受ける手順や登録方法などはこちらをどうぞ)

がおすすめです。

前向きに捉えれば、「自分一人で食べていく素養」があるということ

もちろん、上のタイプは僕が適当に分類したので、チームワークが苦手な全ての人が該当するとは思ってませんが、

チームワークが苦手=個人プレーが得意、つまり自分で食べていく素養はあるということは言えるのではないでしょうか。

これは今の時代、かなりのアドバンテージです。

その理由は以下に詳しく書きますが、個人で働ける土台が整ってきつつあるからです。

ほとんどの人は、自分一人で食べていきたくても、なかなか行動できない。

だが、チームワークが苦手だから、、違う方法で食べていくしかないと思えるから、自分一人で食べていくエネルギーを保てるし、そっちに振り切れる勇気も持てる。

だから、チームワークが苦手だからと決して不利じゃないんです。

むしろ、有利にさえなるのです。

IT技術の発展で、チームワークが苦手な人に適した仕事が増えている

実は、IT技術の発展でひっそりと新しい形の仕事は増えています。

しかも、自分だけで収入を得られる仕事もたくさん生まれています。いくつか紹介したいと思います。

クリエイティブ領域

いわゆる「クラウドソーシングサービス」と呼ばれるもの。

下に書いた「サグーワークス」はライティングがメインですが、

スポンサーリンク

「ランサーズ」と「クラウドワークス」はデザイン、プログラミング、ライティング、データ入力作業など、幅広く扱っています。

初心者でも取り組める「タスク作業」と呼ばれるものが存在し、最初はお小遣い稼ぎ程度から始めてみると良いでしょう。

過去記事でも書いたように、「タスク作業」は本業にするにはちょっと厳しいので、慣れてきたら、自分で仕事をとるか、サービス内にある単価の高い仕事をしましょう。

困りごとサービス

困りごとサービスは、テレビなどのメディアで取り上げられることもあるので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

愚痴聞きサービスや家事代行など様々、今の世の中はすごいですね。。

ちなみに、CaSyは時給1,450円からと、普通にアルバイトするよりもお得です。

シェアリングエコノミー

の記事でも書きましたが、シェアリングエコノミーは今注目の急成長サービスです。

シェアリングエコノミーとは、

「ソーシャルメディアの発達により可能になったモノ、お金、サービス等の交換・共有により成り立つ経済のしくみのこと」<現代ビジネス|ソーシャルメディアにより広がる「シェアリング・エコノミー(共有型経済)」の大きな可能性

です。

昨年話題になった、「民泊」、「タクシーの白タク解禁」などがまさにそうですね。

代表的なサービスは以下です。

上に挙げたものは、ほぼ個人で完結する仕事です。

特に、シェアリングエコノミーの普及が大きいですね。これがさらに進めば、より個人の空いたスキルや場所、時間を売ってサクッと収入を得られるようになります。

チームワークが苦手な人には、好況になってきているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今は、チームワークが苦手な人も働ける仕事は増えています。

今勤めている企業で可能性をとどめてしまわずに、是非もっと広い視野を持ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もあわせてどうぞ!

仕事でミスが多いのは自分の実力不足?改めて環境が悪くないか考えよう

会社に行きたくないのは、労働欲がないわけじゃない。今の環境が悪いだけ

仕事がうまくいかないと思ったら、まず今の環境を疑ってみる

関連書籍はこちら

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら