シェアする

ADD改善記録|「だらける」ことを前提とした予定設計をしよう

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕が、ADDの症状を改善するのに実際に効果のあった手段を紹介していく連載記事です。

※もちろん、人によっては個人差があるのでご了承ください。

▼ADDが分からない方はこちら▼

ADHDやADDという言葉は最近よく聞くと思います。 しかし、未だにADHDやADDの症状や特徴についてあまり知られていません。 ...

「だらける」ことをゼロにするのは不可能

僕は、以前まで「だらける」ことをゼロに働き方や時間管理はないか試行錯誤していました。

がしかし、人間はロボットではありません。

だらけたなくなる時、サボりたくなる時、集中が全然入らない時もたまにはあるでしょう。

完全になくす、つまりゼロにすることは不可能です。

もし、それができていたとしても、身体の奥底では悲鳴を上げており、知らぬ間にストレスが身体に悪影響を与えるともなれば、元も子もありません。

だらけることを前提とした予定設計をする

僕は、とにかく集中が長続きせず、YouTubeや海外ドラマを見ようものならば、廃人になるほど没頭してしまいます。

僕が、ADDの症状を改善するのに実際に効果のあった手段を紹介していく連載記事です。 ※もちろん、人によっては個人差があるのでご了承くだ...

僕は、ADD(注意欠陥障害)の気があり、「注意散漫」と「過集中」という対立した二つの性質を持っていて、それが常に不安定に拮抗しています

そのためだらけると、とにかく徹底的にだらけてしまいます。

頭では分かっているのですが、なかなか元の集中モードに戻すまでに時間がかかります。

こういうことによくなるので、僕は予定設計をする時はかなり余裕を持っています。

それは、僕が一つの予定で必ず1回はだらけると知っているからです。

時間管理で大切なのは、自分の性質を受け入れること

これは、僕のようなADDの性質を持っている、いないに関わらず、通じることでしょう。

ビジネス書などではよく時間管理について書かれていることが多いですね。

そこでは、テクニック論について書かれている事が多いです。

スポンサーリンク

もちろん、テクニックを知る事は重要ですが、自分の性質を知らない、性質を受け入れない状態で時間管理をしても、上手くいきません。

ここが時間管理において大切なことだと思います。

自分の性質を受け入れて、それに沿って時間管理をすることが大切です。

まとめ

ロボットのように完璧に日々過ごすことは不可能です。

人間なので、たまには、だらけたり、落ち込んだりする時もあります。

そういう自分の弱みというか、人間くさい部分を受け入れることが大切なように思います。

他にADDの症状を改善するために実践したことは、こちらに書いてます

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています