「やらなきゃいけない」って思ってることは、本当はどうでもいいこと

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

人って面白いもので、他人がくよくよ悩んでいる事に対し、「そんなのやめれば済む話じゃん」ってさらっと言えるのですが、自分事になるとこれがさっぱり。

でも、やらなきゃ・・・!なんて思っていることは、大半が本当はどうでもいいことなんです。

勝手に社会は回り続ける

めちゃくちゃ迷惑な話ですが、例えば仮に「あーあ、もうこのブラック企業行きたくないから、今日から出社するのやめーた!」ってやったとします。

しかし、悲しいかな、誰かが代打で仕事を任されてその穴は簡単に埋まってしまいます。

そう、本当に何とかなってしまうのです。

今まで、必死こいて自分がやっていたことは、誰かによって代わられるのです、しかも、いとも簡単に。

考えてみてください。

これから、AIがどんどん仕事を担うとされる中で、誰かが放り出した仕事は簡単にAIによって引き継がれるのです。

関連記事はこちら

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今や、AI(人工知能)、VR(仮想空間)、仮想通貨など、IT...

今までよりも早く、下手したら前任者より優秀かも。

「やらなきゃいけない」と自分が決めている

結局、ここなんですよ。

「やらなきゃいけない」というのは自分の意志でしかないなんです。

日本では、労働者は「仕事をいつでも辞められる」という権利を持っています。

超絶ブラック企業で「家焼くぞ」みたいな脅しかけて会社やめさせない所もあるみたいですが、そんなのは本当にごく一部。

では、やらなきゃいけないっていう気持ちはどこから湧いてくるのかといえば、、

「今辞めたら誰かに迷惑かけるかも」

「今辞めたら成長できないかも」

「今辞めたら転職活動が苦労するかも」

「今辞めたら会社が傾くかも」

ここにある共通点は、ずばり「他人の視線」なんですよ。

関連記事はこちら

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 「ついつい、他人と比較してしまう…」 他人と比較することで競争意識が芽生え...

ただ、実際に会社を途中で退職して、転職しその後ハッピーになっている人はごまんといますし、むしろ会社辞めてそのあと飛躍的に成長した人もたくさんいます。

つまり、「他人の視線」なんてのは、自分が作り出している幻想にすぎないのです。

今は、自分の決断の連続で生まれている。辞めるのも自由

とはいっても、自分ごとになると決断を逡巡してしまう気持ちも分かります。

僕も、退職する時は同じ気持ちでした。

頭は不安だらけで、もう会社を辞めると決まったその月は、毎日考えすぎて頭が痛かったのを覚えています。

関連記事はこちら

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今からかれこれ2年前の話ですかね、 僕はある会社でサラ...

ただ、今まで学校を選び、友達を選び、サークルを選び、そして会社を選んできたのは紛れもなく自分です。

勝手に自分の意志で決めてきたわけです。(過保護で既存のレールにはめようとする親を持った人は別として)

今まで自分で決めただけ、だから辞めるのも自由なのです。

大人だから責任?責任なんて本来はないのです。自分がどうしたいかが大切です。

関連記事はこちら

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今日はくさるほど、「自分だ」という言葉を使うので覚悟してくださいねー(笑)。 ...

自分に対して責任をとれないことが一番の無責任

他人に対しての責任も大切ですが、自分に対して責任とれないのが最も無責任です。

自分が「もう辞めたい」と思っているのに、「これはやらなければいけないことだから」と自分に言い聞かせて、思考停止させるのは

優秀でもなく、

成長のチャンスでもなく、

自分に対して責任をとれていないだけのです。

一番大切なのは、会社や他人に対しての責任じゃなく、自分の健康や精神状態です。

自分の健康や精神状態を損なったら、本当に意味がありません。

やらなければいけない!ってもう一人の真面目な自分が言い聞かせてきたら、「そんなの幻想だわ、どうでもいい」と言い聞かせてやりましょう。

こちらも合わせて読まれています

恐怖でしかなかった「周囲の視線」は、自分が勝手に作り出していたことに気がついた

退職したら生きていけないなんてことはない。やりたいことをやってみよう

スポンサーリンク

「他人はどうでもいい」が幸せへの最短切符。みっともなくても誰も気にしてない

自由な生き方で参考になるのはこの書籍!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)