やりたいこと探しの落とし穴。確信を持てないのは行動していないから

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕も、やりたいこと探しをずっとしていました。

「やりたいことはこれか?それともこれか?」と自分を思いを紙に書き出して、まとめてるだけで堂々巡り。

確信を持てないのは、もしかしたらちょっとでもやりたいと思ったことをやる前から躊躇して行動していないからかもしれません。

やりたいことかどうかはやってみないと分からない

僕は4年くらい、「やりたいこと探し病」にかかっていました。

世間では自分探しというのかもしれません。とにかくフラフラとしていました。

この時の僕の心境はこんな感じでした。

  • 今やりたいことはあるが、もっとやりたいと思えるものがあるのではないか
  • やりたいことがたくさんあるが、どれが最も情熱のあるものなのか
  • 色々あるやりたいことを一つの言葉にまとめて言い表したい

今振り返ってみれば、なんでこんなことに悩んでいたのかと思ってしまいますが、当時の僕はこういったことに真剣に頭を悩ませ、全然行動できていませんでした。

しかし、今ある程度やりたいことが明確になってきて思ったことは、やりたいことかどうかはやってみないと分かりません。

そもそも、頭で考えても判断する材料がないのです。

やって上手くいかなくても、絶望感より「腑に落ちた」感が湧く

やりたいことに踏み込めない大きな理由は、うまくいかなくて絶望感を味わうこと、挫折感を味わうのがいやだからというのが正直なところだと思います。

スポンサーリンク

しかし経験上、やりたいことをやって失敗した時、あまり絶望感を感じたことはなく、どちらかといえば「なるほどね、こうやってみたら上手くいかないのか」と腑に落ちる感覚、事実に納得する感覚の方が強かったですね。

その後、やっぱりやってみて面白くないからやめようと思うか、もう少し続けてみようと思うかというのは自然に決まってくるところだと思います。

少なくとも、考えているだけよりは前進なわけです。

やりたいこと探しで、「100%やりたい」と思えるモノは探せない

選択肢が多すぎる現代において、たとえ100%やりたいと思っていることであってもいざ行動する時には悩んでしまいます。100%ではないのでは?と。

これは人間の損を回避する「プロスペクト理論」という習性なのでどうすることもできません。

なので、100%これだ!と思えるやりたいことが見つかるという幻想を捨て、ちょっとでもやりたいと思ったことがあれば、飛びつくくらいがちょうど良いと僕は思っています。

「とにかくまず動け!」とよく経営者がいう言葉を噛み砕くと、このようになるのではないでしょうか?

今日はこのへんで。

こちらの記事も合わせて読まれています

やりたいことは「一つに絞る」「夢中になって当たり前」という勘違い

やりたいことが分からない?じゃあ、自信をつけるところから始めてみよう

やりたいことを始めると、途端につまらなくなる現象に名前をつけたい

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています