「頭で考える」のはラクだけど、正解には辿り着けない。

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

考える、妄想することって楽しいですよね。

なんで、楽しいか?

なぜなら、自分の頭の中で完結し、すべて自分でコントロールできてしまう世界だから。

だけど、「頭で考える」だけでは正解には辿りつけないんですよね。

行動するのはしんどいけど、正解を得られる

何か新しいことをしようと思う時、まずどうやってやっていこうかということばかり考えていました。

怖いし、知らないことだからよく分からないから、計画ばかり立てていたのです。

ある程度のプランというものは必要だと思うのです。例えば、飲食店をするとしたら、「必要な資金」とかは把握しておかないと、いつまでたっても自分のお店をもてないと思いますし。

ただ、必要以上に計画を立てて、行動を遅らせる必要ってあるのだろうか?

まずは、少しでも進んで近くにいってみたら、違う景色が見えてくるのです。

スポンサーリンク

自分の頭の中の知見だけでぐるぐる考えているだけでは、解決しないんです。

新しいことは「どうすれば良いか分からない」けど、今までもそうやって学んできた

新しいことをしようとすると、「どうすれば良いか分からない」にぶつかります。

ただ、今までだって新しいことは「行動して」学んできたはず。勉強も、車の免許も、趣味(音楽、裁縫、絵など)も。

それと一緒で、「どうすれば良いか分からない」けど、少しずつやっていくしかないのです。

つい、視界が晴れ渡って、一気に新しいことが成功するような、素敵で効率的な方法を探したくなりますが、そんな方法ってないんですよね、やっぱり。

「すぐ幸せになる方法」が見つかる可能性は天文学的確率です。潔くあきらめましょう。 | FUNNARY-Writing Office
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 いや、ほんこれ。最近そう思います。フリーランスで働くようになってから、より実感するようになりました。 かくいう僕も、数年前に「働かずして過ごしたい」の一心で投資詐欺に引っ掛かって数十万円を詐欺られました。(もう解決済です) 世の中には「すぐ痩せる、すぐ稼げる、す...

結局は、分からないなりに新しいこと、挑戦したいことに向かって一歩ずつ進んでいくしかないのです。それがベストな方法です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】