「今日良かったこと」を每日振り返り続けると、自分を少しだけ好きになれる

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

実は、僕は1年以上日記をつけています。

日記といっても、エクセルに質問が7つくらいあって、それに対して簡単に回答していくというものです。

その中で、「今日良かったことは?」という項目があるのですが、これが地味に効果的なので、紹介しようと思います。

その日の結果はベスト、だから忘れないように早いうちに振り返る

基本的に、1日の自分の行動が良くても悪くても、その1日の中ではベストを出しきった結果だから仕方ないと思っています。

これは、僕が日記で「今日良かったこと」を振り返るようにしたからこう思えるようになったのだと思います。

実は、その日の行動や結果って時間が経ってから振り返ると、自分が未熟で全然ダメダメに思えてきてしまうのです。

なぜなら、昨日(未来)と今日(過去)を比べているから。

未来の自分が過去の自分より退化しているということはあまりないわけで、ほとんどの場合、知識がさらについたり、学びが深まったり、考えが変わったり・・・と、何かしら、どこかしらで成長・変化があるのです。

だから、昔を振り返ると、どうしても未熟だなーとか全然ダメと思ってしまいます。

もし、振り返るならその日の終わり、または次の朝にしましょう。

「良いことがない日」はない。気付いていないだけ

「今日良かったこと」なんてない日もあるでしょ?

僕も始める前はこう思いました。しかし、意外とこれがあるんですよ。

実際の僕の例はこちら。直近3日分です。

引っ越ししたので、家具や食事のことばっかですが、例えば「洗濯機が届いた」「収納を買ったことで部屋が綺麗になった」「吉祥寺でおしゃれなカフェ見つけた」とか、正直どうでも良いことばっかりです。

でも、ぼくはこれで良いと思っています。

いかに、こういう部分に気づけて、日常の部分に楽しいことや幸せなことがあるかを見つけられるか。

別に、大きくてすごいことじゃなくても良いのです。

「今日良かったこと」を振り返ることを習慣にして、得られたこと

「今日良かったこと」を振り返るようになって、いくつか得られたことがあります。それを以下にまとめます。

自信がつく

これが不思議なのですが、根拠なく「まあ、なんとかなるでしょう」と思えるようになりました。

「今日良かったこと」を書く=每日ポジティブなことをつぶやくと同義だから、それが自信を形成しているのかなと勝手に結論づけています。

アンテナを張れるようになる

每日良かったことを書けるように、楽しく生活しようと考えるようになります。

そうなると、自然と面白そうなもの・良さそうなものがあったら、写真を撮る、調べるなど以前よりもアンテナを張る事ができるようになりました。

ポジティブに考えられるようになる

自信の部分と少しかぶりますが、物事をポジティブに考えられるようになりました。

「今日は天気が良かった」「運動ができた」という当たり前のこと、ざっくり言えば「良いこと」のハードルを下げているので、なんでも楽しく、良く感じられるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

書くことって、やっぱり自分に好影響を与えてくれるだなあと、ブログを2年以上続けて実感した次第。

そういう効果を実感したから、最近はなるべく每日更新を目指して頑張っております。

引っ越しの諸々の作業がまだ片付かないから睡眠時間を削って書いていますが、それでもやっぱり書くことは楽しいですね!

こちらも合わせて読まれています

「弱み」ばかり克服しようとすると、自分に自信を持てなくなる

自信をつけるなら、自分との約束を守り続けることが最も簡単な方法

自信は「ちっぽけな一歩」が積み重なって作られるもの

おすすめの書籍はこちら

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています