シェアする

仕事で行きづまったら、視点を変えるため今出来ることから始めてみる

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

仕事で行きづまる時ってありませんか?

「なんだか今上手くいってない気がする」

「ずっと考えてしまってモヤモヤした日を送っている」

フリーで働いて怖いのが「仕事がいつなくなるか分からない」ことです。

天気が悪かったり、体調が悪いとネガティブになることがあって、仕事で行きづまる時があります。そんな時、僕がよくやっているのが「今できることを始めてみる」ことです。

落ち込んでいることが「取り越し苦労」だったりする

僕が仕事でいきづまり、ネガティブな考えにはまってしまう時は、勝手に自分でマイナスな方向に追いやっていることがほとんどだと最近気が付きました。

勝手に答えの出ないことを考え続けて不安を煽っている、つまり「取り越し苦労」なことが多いのです。

なんでそうなるかって今までの傾向を考えてみると、そういう時はだいだい長く同じ生活が続いている時だったりします

変化がないから、「あれ?このままであと何十年ってやっていけるのか?」とか思ってしまうのです。

今できることを始めると、少し結果が見えて視点が変わる

一番良いのは、今できること・やらなければならないことを1回整理してやってみることです。

行動すると何かしら結果も見えるし、自分の心境も少しは変化するから、ネガティブからちょっとポジティブになれるんです。

スポンサーリンク

自分は今までそうやってきて自分の心の状態を安定に保ってきました。

関連記事はこちら

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 僕は、悩んだ時いろいろな人から「悩むな!とにかく行動しろ!」といわれてきました。...

「今できること」=「大きな行動」ではない

「できることって何だろう?」って考えると、どうしても大きな行動な気がして、「行動しなきゃ」って自分に発破かけたくなってしまうんですが、そんなに大きなことじゃないことの方がほとんどなんだなと思います。

「毎月貯金をする」とか「求人サイトに新規登録する」といったとりとめのなく面倒くさいことが「今やるべきこと、できること」だったりします。

これ、時々忘れちゃうんですよね。

行動しないと、いつまでも視点は同じまま

ちょっとしたことを面倒くさがって行動しないと、いつまでも視点は一緒のままなんですよね。

独立して、誰にも怒られない立場になって痛いほど理解できました。

「面倒くさい」は、現状のままでいたいという怠けなのです。

いかに、面倒くさいをとっぱっらって行動できるかですね!ここは、自分もまだまだです。

頑張らないと!!

こちらも合わせて読まれています

行動力を上げるために必要な5つの考え方【保存版】

行動力を上げるコツは「どうせ分からない」という思い込みを捨てること

挑戦の一歩を踏み出せないのは、「勇気」のせいではなく「小さな行動」すらしてないから

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています