おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

失敗や汚点を正直にさらけ出すことで気楽に生きられることに気が付いた

time 2015/09/23

失敗や汚点を正直にさらけ出すことで気楽に生きられることに気が付いた
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

現在、ブログを書いて5ヶ月目。ブログを見てくださる人も増えて感謝感謝です。
時折、「失敗も過去のことも洗いざらい書いてますが、怖くないですか?」という質問をされることがあります。

もちろん怖いですが、自分が体験したことをよりリアルに描かないとありきたりな記事になってしまって、面白くないし、何より書いている自分が楽しくないのです。

ありのままに書いた方が開放的になれて、自由に記事を書くことができます。


失敗や汚点はひた隠すより明るみに出した方がよい

失敗や汚点は誰もが隠したがります。自分もブログを書く前はそうでした。とにかく批判されるのが怖いというのが一番の理由でした。しかしブログで思い切って過去の社内失業や自分が持っている障害のADDライターの仕事の取り方などについて書くようになって、批判してくる人はいまだ出会ってません。

 

むしろ共感してくれる人が意外に多いことに気が付きました。

意外に自分と同じような欠点・失敗を抱えている人は多い

上と関連しているのですが、自分と同じような境遇・状態にある人がいるということに気が付きました。みんないわないだけで、自分と同じような悩みをもっている人は意外に多いというのをブログを書いてから実感しました。

自分の心のうちだけにしまっている人も多いので、自分がブログを書いている意味は少しでもあったのかなと最近思っています。

スポンサーリンク

自分の目標がたとえブレブレでも発信・公開することが重要

最近まで自分もカッコ悪いと思ってあまり書かないようにしていました。自分のやりたいことや目標がぶれている人のブログを見たいと思うかなと心配をしていました。

人はやりたいことや目標なんてぶれて当たり前だなと思いました。

自分は「プロドラマーになって稼いでいきたい」とさんざんいっていましたが、今は以前の記事に書いた通り、手段にはこだわっていません。

自分の生き方を通して、「自分と同じような境遇の人」の背中を押すきっかけを与えたい

「やりたいことだけやって生活する」という生活をして、みんなが羨ましがられたい。

が目標であり、夢です。

やりたいことや目標がぶれていたら、「読んでいる人は混乱するかな」とか「よくわからない人だな」とか思われるかなと考えていましたが、その目標がぶれている様子もありのまま書く方が面白いなと最近思ってます。だってその方が人間くさいし、面白みがある気がするからです。

まとめ

もちろん、さらけ出しすぎは注意しています。特に以下はブログに書かないようにしています。

  • 住所
  • 電話番号
  • 家族の情報

これらの情報を不用意に出すメリットもないので、いやがらせさせられる可能性が上がるだけです。

今後も自分の個人的体験(特に失敗とか)を書いていきたいと思います。

▼今まであったしょうもない失敗▼

http://orezinal.com/150104

http://orezinal.com/150085

http://orezinal.com/150076

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]