独立したい人必見!フリーランスにも色々な働き方があるという話

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

数年前に比べると、フリーランスになる人が増えましたね。

今や、10代とかでもフリーランスになっている人がいるくらい。

しかし、このフリーランスという定義広すぎて、今や色んな人が一緒くたにされている感があるので、改めてここで整理してみようと思います。

そもそも「フリーランス」の定義って?

まず、フリーランスの定義を改めて。

Wikipediaによると・・・

特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。<Wikipediaより>

そもそも、フリーランスという言葉の定義自体が広義的なようですね。

ただし、現在はこれよりもさらに広い意味合いで使われており、企業や団体に所属している人でも、フリーランスとされることがあります。

以前よりも、働き方が多様化しているため、元のフリーランスの定義では収まらなくなってきているのが現状なのかなと思います。

「フリーランス」の中にも様々な働き方がある

多くの人は、フリーランスというと上に書いた定義どおり、どこの組織にも所属せず自力で生計を立てている人の事を想像すると思いますが、

現在はWebサービスの発達などで、取引先と様々な関わり方をすることができるため、一概に線引きできなくなっています。

どんな働き方があるのか、一部紹介します。

仕事を受託・受注する(請負)

フリーランスのほとんどがこのタイプで仕事をしていると思います。

フリーランスは会社員と似ているようで似ていないと思っていて、それは働き方によって変わるからです。

特に、受託・受注のタイプであれば、責任が自分になり、業務を全て自分がするというだけで、プロセスは会社員時代とあまり変わりません。

提案→見積もり→プロジェクト開始→請求→次月の契約更新

みたいな感じですね。

この受託・受注の中にも、実はいろいろな種類があります。

単に受託する

単にというのは、例えばデザインだけ、ライティングだけというように、専門の業務をまるっと受託して、それを好きな場所でやってくださいというような形でお願いされる形式のもの。

フリーランスの場合、この契約が最も多いです。

完全在宅(リモート)で受託する

これは、完全在宅バイトに近い契約になります。

時給で週5回の給料が発生しますが、出社義務はないよ的な形です。

ですので、契約によっては電話業務、事務業務を頼まれることもあります。

業務委託契約で常駐する

これは、働き方としてはほぼフルタイムのアルバイトに近いものがあります。

どこかの企業に常駐という形で所属する感じですね。

この場合、出社義務があるにもかかわらず、業務委託契約だと社保に加入できないことがあるので、アルバイトよりも契約上不利になることがあります。

自分でサービスを制作して販売

想像がつかない人もいるかもしれませんが、最も分かりやすいのが書籍。

いわゆる印税がストック収入として入ります。

サービスといえば、もう挙げたらキリがないので、主だったものだけ列挙します。

  • ブログ、メディア運営
  • 講座・講演会を開く
  • 教室を開く
  • コンサルティングメニューの設計
  • イベント・交流会開催
  • Webシステムの開発
  • スマホアプリの開発
  • 商品の販売
  • 新アイデア・発明品の開発

モノ・商品を売る(完全成果報酬)

ざっくり言えば、営業代行のことですね。

スポンサーリンク

最もわかりやすいのが、外資系の生保セールスマンです。

有名なプルデンシャルやジブラルタは、確定申告なども自分で行うそうです。

完全に個人事業主と同じ扱いですね。

お弁当や野菜をつくり、手売りするのもここですね。

お金・資金を募る

ここ数年で普及した新しい働き方ですね。

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」や「Makuake」といったクラウドファンディング、最近だと「VALU」、フレンドファンディングの「polca」、送金サービス「paymo (ペイモ)
」「Kyash」を活用してファンから資金を募り、何か面白いこと、価値のあることを行うという働き方。

関連記事はこちら

誰でも手軽に資金を募れるクラウドファンディング進化版「polca」をやってみた

投資・資産運用

これは、いわずもがな。FX・株・先物などを資金を投入して増やしていくやり方。

最近だと、仮想通貨が有力。今はバブルですからね…。

関連記事はこちら

仮想通貨を購入してわずか2日で暴落。投資は少額で始めるべし。

「受注業務」と「自分でサービスを販売する」は、働き方が大きく異なる

「フリーランスって自由ですね!」と言われることがありますが、それは上に書いた受注業務と自分でサービスを販売する場合で、大きく異なります。

受注業務であれば、締め切りがありますし、完全に自由というわけではありません。

比較的、クライアントによって自分の予定が決まりがちです。

逆に、自分でサービスを販売する場合だと、特に決まりはありません。

サービスや商品の発送やクレーム対応といった面に関しては、もちろん早急に対応しないといけないのですが、料金設定、サービス内容は自分の判断だけで決めやすくなります。

関連記事はこちら

フリーになれば働き方がよくなるわけではない。自分次第で良くもなれば悪くもなる

自分が働きやすいように、働き方をデザインしよう

フリーランスだからと、企業に所属してはいけないなんて決まりはないです。

フリーランスなのに企業に属しているのって格好悪いと変なプライドが邪魔しますが、自分がそれでいいなら良いのです。

フリーランスの方でも、週3回はベンチャー企業に出社して業務をこなし、残りは自分のサービスを販売したり、農園で野菜作ったりという人もいます。

フリーランスの強いところは、このように様々な働き方をつまみ食いできるところです。

変に固執して、働き方を制限するのはもったいないです。

かくいう僕も、最初の10ヶ月間はアルバイト週3回+受託業務+ブログ運営という感じでやっておりました。

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 時が経つのは早いもので、もうフリーランスになって1年です。 ...

組織の中でも比較的やっていけるという人は、組織に片足突っ込みながら、他で色々やるという二足のわらじスタイルの方が安定するし、良いかもしれません。

こちらも合わせて読まれています

駆け出しフリーランスにおすすめの税金対策・支援制度まとめました

会社で起業に活かせるスキルを学べると思わない方が良い。

「若年者納付猶予制度」というフリーランスにはありがたい年金制度の手続きについてまとめてみた

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています