仮想通貨を購入してわずか2日で暴落。投資は少額で始めるべし。

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

実は3月頃から、仮想通貨への投資を始めたのですが、この2、3日で仮想通貨が軒並み暴落・・・。

といっても、僕は少額で始めているので、別に大してショックではありませんが、仮想通貨を購入しすぐに暴落したので、本当にセンスが無いと思っていますw

仮想通貨=ビットコインではない

「仮想通貨ってビットコインのこと?」と聞かれる事が多いですが、実はビットコインだけが仮想通貨というわけではありません。

ビットコインはあくまで仮想通貨の貨幣の一つであり、今では100を超える仮想通貨の貨幣が存在しています。(※貨幣、通貨、マネーの定義は狭義・広義で意味合いが変わってくるので、ここでは簡単に説明をしております)

<参照:coincheckマイページより>

ちなみに、ビットコインの代わりとなるコインをalternative coin、略して「アルトコイン(オルトコインとも)」と呼びます。

代表的なところだと、イーサリアム、オーガ、ライトコインなど。

僕は、以下のように購入しております。

  • ビットコイン・・・20,000円
  • Ripple+NEM(アルトコイン)・・・100,000円(現在63,000円)

これに加え、現在では・・・

  • イーサリアムクラシック・・・15,000円

ビットコインは、3月に日本で展開される前に購入したので、2017年8月の今においては、4倍以上になっています。良かったわ!

しかし、仮想通貨の一つ、Ripple(リップル)とNEM(ネム)は購入した瞬間、速攻で暴落。。

この時はいまほど知識がなかったので、高値で購入してしまいました。ちなみに、まだ損切りできておりません。やっちった。。

仮想通貨を購入し2日で暴落、しかしよくあること

本当につい4日前ほどに購入したのですが、軒並み仮想通貨が暴落しています。

僕が持っている仮想通貨は全部。。

ビットコイン

Ripple(リップル)

NEM(ネム)

やばいじゃん!と思いがちですが、仮想通貨はこんなもんです。

暴騰・暴落を繰り返します。

3月にビットコインを購入した時もそう。

購入時、12万円でしたが、すぐに9万円に落ち、その後30万円→49万円まで暴上げしたので、まあちょっとの上下は気にしないほうが得策。

仮想通貨は、乱高下が当たり前。少額投資がオススメ

もし、僕が10万円ではなく100万円とか突っ込んでいたらどうなるか?という話です。

実際、仮想通貨は、今後も日本での需要が増え展開されるといわれています。

とはいえ、この乱高下の状態に、100万円も預けるとなると・・・僕なら仕事が手につきませんねw

「こういうもの」だからこそ、割り切れる少額投資が良いのです。

もちろん、資金を豊富に持っている人は、数百万預けても良いと思うのですが、全財産が100万円以下であれば、その貴重なお金を投資に突っ込んではいけません。

仮想通貨は、高騰する時は40倍など、デタラメなくらいにあがるので、つい大金をベットしたくなりますが、反対に暴落する可能性も秘めているので、絶対に止めたほうが良いです。

仮想通貨はどうやって購入する?

仮想通貨は、ネットの取引所で購入ができます。

ほとんどの取引所の購入方法が以下のような流れです。

指定の銀行口座に入金→ネットの取引所に無事入金→取引所で仮想通貨を購入

以下に主要な取引所を紹介します。

bitFlyer


bitFlyerといえば、成海璃子さんがイメージキャラクターなので、知っている人も多いかもしれません。

取扱い通貨は、「ビットコイン」「イーサリアム」のみ。

※補足:現在は、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッスも購入できるようになりました。

僕もここでビットコインを購入しました。

ビットコインやイーサリアムを買うならここですね。

bitFlyerはこちら

スポンサーリンク

coincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ここのメリットは、24時間取引可能なところ。

取扱いしている通貨も多く、アルトコインも豊富にあります。

ここで、Ripple(リップル)とNEM(ネム)、イーサリアムクラシックを購入しました。

coincheckはこちら

※bitFlyer、coincheckともに、2017年4月1日の仮想通貨関連の法律施行により、本人確認には原則として書留郵便の受け取りが要求されるようになりました。

それと合わせて運転免許証、保険証等の身分証のコピーの提出をする必要があります。

ウォレットに預けてリスクを分散

bitFlyercoincheckの管理画面に保管しても良いのですが、ハッキングのリスクもあります。

現在では、bitFlyercoincheckとも不正出金補償サービスを始めましたが、このブログによると、bitFlyerでは日本円の不正出金のみ対応しており、bitFlyerに預入しているビットコインに関しては補償できないとしています。

参考文献:【注意】bitFlyer盗難補償サービスはビットコインの盗難に非対応|貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

https://bitcoiner.link/1465.html

ということもあるので、ウォレットに預けてリスク回避をした方が良いです。

ビットコインだと、「Blockchain」がおすすめ。

今では、ハードウェアタイプのウォレットも存在。

やや値は張りますが、ハッキングの可能性は格段に低くなります。

もちろん紛失というリスクは付き物ですがw

二段階認証の思わぬ落とし穴に注意しよう

これ、まだほとんどのブログが取り上げていないのですが、実は二段階認証には落とし穴があります。

そして、仮想通貨にはこの二段階認証がお決まりなのです。

二段階認証の思わぬ落とし穴とは、ずばり端末を紛失・盗難に合うと「引き出せなくなる」のです。これはやばい!

正確には、取り戻せますが、最初に行う登録作業の5倍以上めんどい作業が発生するので、対策をしておきましょう。

その対策はこちらの記事にまとめております。どうぞー。

これは、仮想通貨のみならず、他のWebサービスが開けなくなるリスクを回避することもできるので、お目通し必須!

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 様々なことがWebサービスで出来る時代。 便利な反面、...

まとめ

仮想通貨は、何だか怪しそう、危なそうというイメージを持たれがちですが、購入してみたらわかりますが、別に何とも怪しくありません。

僕は、どんなものなのか、まずは購入してみないとわからないから、ということで購入しました。

もちろん、仮想通貨は暴落するリスクは多分に秘めているので、購入する際は、まずは少額からどうぞ。

こちらも合わせて読まれています

こんなにいっぱいある!?知らないと時代遅れと笑われる注目の副業サービス

フィンテック革命で、より「投資」が身近なものになる

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

シェアする

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています