音楽イベントコミュニティ「MUSICROWD」

「音楽をきっかけに一期一会の出会いを」をモットーに、「お客さん参加型」を意識したライブイベント、ジャムセッション、DJイベントを積極的に開催中!!

詳細はこちら!

準備が足らないと「人前で歌う」ことから逃げている自分が本当に情けない

好きなことだけで生きていく
スポンサーリンク

俵谷龍佑(たわらやりゅうすけ)(@tawarayaryusuke)です。

このブログで「準備をして100%の完璧な状態なんて作れない、とにかく行動です!」とか、ほざいているのに、音楽バーのオープンマイクイベントで、初めて人前で歌うことにビビっている自分がいます。

自分ごとになるとこのザマ。我ながら本当に情けない。

練習で満足している。本当は人前で歌わないと何にも進まない

僕は、本番で失敗するのが否定されるのが怖くて、色んな人に9月からは「ガンガン色んな場所で人前で歌う」と言っているのに、全然そういった音楽バーとかライブハウスに行っておりません。

本当は分かっているんですよね、ステージに立って人前で歌わないと、僕が目指している「歌で食べていく」という目標には一切進まないと。

本当に情けない限りです。

なぜこんなにも人前で歌うことに気が向かないか、ちょっと整理して考えてみました。

人前で歌うことをビビっている理由

1.自分の容姿に自信がない

最近分かったことなのですが、僕はどうやら自分の容姿に自信がないようです。

改めて人前に立つということを考えた時にこれが浮かびました。

まあ、自分の顔は生まれ持ったものなので、洋服や髪型を理想形になるべく近づけてイメチェンしていこうと思います。

2.今の歌唱力に納得がいっていない

最大の理由はここ。

スポンサーリンク

だけれど、そもそも最初から完璧な歌手なんていないわけで、これ言ってても始まらないのはわかっています。

だがしかし、歌が下手と否定されるのはとにかく怖い。

一流の「今」を見るな、過去を参考にしよう。
一流の人は常に憧れと羨望の的です。 「どうしたらこんなすごい文章が書けるんだろうか」や「どのくらい練習すれば、こんな演奏できるの」とか。 憧れると同時に「この人は別次元だ、追いつける気がしない…」とすごすぎて凹んでしまうこともあ...

3.しゃべりが苦手である

あと、人前でしゃべるのが苦手です。

昔から苦手意識があって、だけど目の前の人をべしゃりで笑わせられる人には本当に憧れを持っています。

やらないと分からない、考えていても仕方がない

って、このブログでは書いているんですよね、完全に自分にブーメランですねw

やらないと何にも見えてこないのに考えてばかりです。

久々にこんな心境になりました。

いかに、自分がやりたいことで否定されるのが怖いかを改めて思いました。

踏み出す勇気をもらおうとしてない?最終的な決断は自分にしかできない
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 「新しいことにチャレンジしたい」 「会社をやめたい」 そう思っても、なかなか踏み出す勇気ってもてませんよね。 色んな人のアドバイスをもらって、...

まとめ

とにかく今月中に「人前でカバー曲を歌う」ことを何とか終わらせて、いち早く自分作曲のオリジナル曲をこのブログで披露できればと思います。

こんなところで止まっている場合じゃない。

まだまだ、遠い遠い長い道のりですが、頑張っていきます。

こちらも合わせて読まれています

関連思いたったが吉日。決断した時が「ベストタイミング」だよ。

関連「やりたいことが分からない」と嘆いているうちは、たぶんやりたいことは見つからない

関連やりたいことから目を背けるな。収入の柱を作るという「麻薬」に溺れてはダメ

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社半年で窓際族になった一匹狼。その後独立し経験ゼロからSEOライターになり、1年足らずで会社員時代の給与を超える。延べ1000本以上のコラムを執筆、取引先のサイトを25万PVまでアップさせた実績もあります。都内最大級の音楽イベント団体「MUSICROWD」代表。音楽を通して人々を楽しませるパフォーマーを目指しています。お笑い大好きの30代。中野と大塚でBAR運営中。発達障害(ADD)(軽度)です。