「自分の人生で何が大切か」という問題からは逃げられないってこと。

スポンサーリンク

僕は現在、ちょうど正念場のような時期にいます。

来年の4月でフリーランス3年目で、そしてついこの前に28歳になり、30歳まで残すところ2年。やはり、30歳が近くなると、色々と考えるものです。

「やりたいこと」なんて探す必要はないという人もいますが

「やりたいこと」を探すよりも、目の前のことをがむしゃらにやったほうが良いというのも一理ありますが、僕は、やっぱり地に足つけつつ、やりたいことは探していくべきだと思っています。

こちらの記事もあわせてどうぞ

というのも、仕事でがむしゃらにやったって、いつか迷ったり悩んだりするときに、結局、「自分の人生で一体何が大切なんだろう」という問いに戻ってくると思うからです。

忙しいってだけで、何だか充実した気分になるんですが、どこか自分の波長というかそういったものが狂った時に、我に返ったかのように「自分が大切にしないといけないものって何だろう?」と急に突きつけられるのです。

正直、自分の人生で何が大切か分からずに悩んでいます

ブログで偉そうにいっておきながら、僕自身、自分の人生で何が大切か分かっていません。

スポンサーリンク

音楽で食べていきたい」というのも大切にしたいことの一つですが、それ以外にもたくさんあるんですね。要は絞れない。

と言うより、分かっていたはずなのに、分からなくなってしまったんですね。それも最近、急に。

でも僕はこの状況で良かったと思っています。自分の人生で何が大切か、と考える機会をもてないまま、年食っていく方が僕は怖い。

まだ、自分の感情に素直に従えているから僕は救われていると思っています。

脳は思っている以上に賢い

「自分の人生で何が大切か」と向き合うほど、上手くいくのでは

もちろん、この問いって壮大です。

下手したら、人生かけて考えていく問題かもしれませんが、いつまでも逃げていても解決しないし、人生は充実しないと僕は思っています。

僕は、前職で社内失業をしてから、自分の気持ちと大切にしたいものから逃げないと決意しました。

面倒であまり考えたくないことだけど、やっぱり考えていかないといけない問題ですよね。

僕は、この問いに堪えきれなくて、時々、会社員に戻ろうかなとか考えてしまうことがあるんですが、結局、独立しても会社員でも、同じなんですよね。

「自分の人生をどうしたいか」

決めるのは自分。決める覚悟を持たないといけませんね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

シェアする

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています