おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

YouTubeで丸1日時間を無駄にしないようにするためにすべき3つの対策

time 2015/07/25

YouTubeで丸1日時間を無駄にしないようにするためにすべき3つの対策
スポンサーリンク

現在、フリーライターをしているので、パソコンを使う機会が多いです。

作業用BGMとして、YouTubeを使うこともあります。

しかし、YouTubeはBGM替わりにできて便利な半面、このYouTubeの誘惑に負けると、下手すると丸一日時間を無駄にしてしまいかねません。

にも書いたように色々な対策を試してみたのですが、それでも無駄に見てしまうことが多くありました。

そこで、さらにある対策を打ったら、かなり見る時間を減らすことができました。

「あのドラマ・アニメのシーンもう一度みたいな」というノリで、YouTubeを見ない

このノリで見ると、確実に動画のムゲン地獄が待っています。

続きが気になって他のことが手につかなくなってしまいます。

「少しみたらやめよーと」とその時思えても、「続きが見たい」の欲望に勝てないのが人間なので、まず勢いで見てはいけません。

自分のアカウントにログインしたまま見ない

昨今のYouTubeのレコメンド(おすすめ)機能は精度が高く、「あなたへのおすすめ」「もう一度見る」には、ついクリックしたくなってしまうような、魅力的で自分にマッチした動画が並べられています。

スポンサーリンク

特に、YouTubeをよく使うヘビーユーザーであるほど、その分データが蓄積されて、このレコメンド機能の精度が上がります。

しかし、そもそも自分のアカウントへログインをしていなければ、この「あなたへのおすすめ」「もう一度見る」機能は自分の視聴記録を元におすすめしてきません。

面倒ではありますが、ログアウトして見るようにしましょう。

自動再生をオフにする

自動再生にしておくと、作業用BGMとして使う際には、いちいち音楽をセットする手間もなくなり、平穏に仕事に取り組むことができます。

しかし、この自動再生のデメリットは、「気が散った時に見る動画」の辞め時をなくしてしまうことです。

自動再生にしていると、辞め時をつかめず、YouTubeで数時間を無駄にすることになります。

「まだまだ次見てから」とずっと停止できずにずるずると見てしまうのです。

まとめ

YouTubeは、非常に便利なツールですが、使い方を間違えると丸一日時間を無駄にしかねず、廃人になってしまうかもしれません。十分に使い方には気をつけましょう。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]