Macのデスクトップにメモを常に表示させておく方法《サク読み記事》

自己管理
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

簡単にデスクトップにメモを常に表示させることができるんですね。知らなかった…。これがあれば新しくウィジェットアプリなど入れなくて良さそうですね。今回は、このデスクトップにメモを常に表示させる方法について。

ToDoリスト等のメモをデスクトップに常に表示できる

Macは複数デスクトップを持つことができるため、To Doリストや目標など毎日見ておきたいものを常に表示させることができます。

 

▼デスクトップ画面を増やすってどゆこと?という人はこちら▼

Mac初心者ユーザー必見!デスクトップ画面を増やして効率アップ
なかなか知られていないのが、このMacのデスクトップ画面を増やすという機能。Macで複数のデスクトップ画面を増やすことで、モニターで複数画面を使うのと同様の機能が期待できます。上手く使いこなすことができれば、作業効率UPが見込めます。

Winユーザーだと、ついついテキストエディットを使ってしまいますが、常にデスクトップに表示させることができるのは、Macの「メモ機能」です。(ここ間違えないように!)

設定方法

スクリーンショット 2015-12-19 17.21.34

「Launchpad」を選択。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.23.11

スポンサーリンク

アプリの中から、「メモ」を選択。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.26.29

右クリックをして、「新規メモ」を作成。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.28.12

タイトルをダブルクリック。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.33.18

そうすると、切り離されて表示されるので、これを好きな場所に配置します。これで終わりです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】