Macのデスクトップにメモを常に表示させておく方法《サク読み記事》

自己管理
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

簡単にデスクトップにメモを常に表示させることができるんですね。知らなかった…。これがあれば新しくウィジェットアプリなど入れなくて良さそうですね。今回は、このデスクトップにメモを常に表示させる方法について。

ToDoリスト等のメモをデスクトップに常に表示できる

Macは複数デスクトップを持つことができるため、To Doリストや目標など毎日見ておきたいものを常に表示させることができます。

 

▼デスクトップ画面を増やすってどゆこと?という人はこちら▼

Mac初心者ユーザー必見!デスクトップ画面を増やして効率アップ
なかなか知られていないのが、このMacのデスクトップ画面を増やすという機能。Macで複数のデスクトップ画面を増やすことで、モニターで複数画面を使うのと同様の機能が期待できます。上手く使いこなすことができれば、作業効率UPが見込めます。

Winユーザーだと、ついついテキストエディットを使ってしまいますが、常にデスクトップに表示させることができるのは、Macの「メモ機能」です。(ここ間違えないように!)

設定方法

スクリーンショット 2015-12-19 17.21.34

「Launchpad」を選択。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.23.11

スポンサーリンク

アプリの中から、「メモ」を選択。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.26.29

右クリックをして、「新規メモ」を作成。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.28.12

タイトルをダブルクリック。

 

スクリーンショット 2015-12-19 17.33.18

そうすると、切り離されて表示されるので、これを好きな場所に配置します。これで終わりです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスでWEBライター。ADD(グレーゾーン)が原因で入社半年で社内失業してフリーランスに。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。新しい働き方LAB 京都コミュマネ。足を使っていろんな場所へ取材に行く、隠れ体育会系のHR・旅・食ライター。食い意地がすごく、旅の目当ては観光地よりもご当地グルメと寂れた町並み。 発達障害(ADD)の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【多拠点居住/京都/料理/豆乳/自転車】