シェアする

朝食をメインに「1日1.5食」を続けていたけど、夕食に移行しようと思う

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

一人暮らしを始めた時期とほぼ同じタイミングで1日1.5食にし、かれこれ3ヶ月。

今までは「朝食」をメインに1日1.5食生活をしていたのですが、色々訳あって夕食に移行することにしました。

理由は以下にて。

朝食をメインにして起こった悪影響

今までなぜ朝食をメインにしていたかといえば、夕食メインにすると睡眠に影響すると思ったからです。

満腹のまま寝ると、朝起きた時に胃が重くて、寝起きが最悪になりますよね。

あの感じがいやで、朝食をメインに食事をとるようにしていました。

しかし、3ヶ月続けてデメリットも感じ始めてきました。

午前中がとにかく眠い

朝に大量にご飯を食べるので、午前中はとにかく眠いです。

午前中は一番頭が働く時なので、ちょっとこれはもったいないなあと思い始めました。

仕事のスタートする時間が遅くなる

今は夜に料理を作り、朝に食べるというサイクルなのですが、温めたり食べたり、食器洗ったりで、結局仕事を始める時間が遅くなります。

スポンサーリンク

仕事のスタートが遅くなるので、終わりも遅くなります

夜に眠くならない

夕食を抜いてみて思ったのですが、夜に眠くならなくなりました。

これはかなり致命的です。。おかげで夜寝る時間がずれ込んで、今生活リズムが崩れつつあります。

食べていないから、消化活動が行われないで、身体が疲労しないんだと思います。

出来たてのホカホカのご飯を食べられない

これ、結構重要なんですよね。

朝作ると、仕事の開始時間が遅れるから夜調理しているのですが、すると朝冷蔵したものを温めて食べることになって、やっぱり出来たてのものより、味の質が落ちてしまいます。

生活リズムが昼夜逆転しやすくなる

ここが一番ですね。

引っ越した当初は、23時就寝だったのが、今深夜1時くらいまで遅くなっています。

実は、僕が深夜に寝るのは1年ぶりなくらい異常な事態で、リズムが相当乱れています

僕は、朝ご飯が好きなのですが、生活リズムが乱れるくらいなら、ナッツとかフレークとか野菜ジュースくらいで我慢しようと思います。

夕食をメインにする時に気をつけようと思うこと

1日1食や1日1.5食生活している人って、ほとんどが「夕食型」みたいですね。

もし、これから「1日1.5食」に挑戦するなら、以下を参考にしてみて下さい。

食べる時間に気をつける

直前に食べると、睡眠中に消化活動が行われるため、睡眠の質が下がります。

また、早すぎると今度はお腹が空いて間食したくなるので、ちょうどよい時間に食べたいですね。

朝食以上に、食べる時間に気をつけないといけないっぽいです。

食べすぎない

朝食であれば、1日の終わりまでに何とか消化しきりますが、夜は寝るという休息の時間がすぐ後ろにあるため、食べ過ぎると次の日の寝起きが悪くなります。

ラーメンとかステーキといったジャンクフードを食べる場合は、ちょっと早めに食べるくらいがちょうど良さそうですね。

まとめ

朝を食べてしまいましたが、早速今日から徐々に移行していこうと思います。

まずは、この生活リズムの乱れをなんとかしないといけないので。。

こちらも合わせて読まれています

節制のメリットは、当たり前のことを幸せに感じられること[週記]

【実験】「1日1.5食生活」を続けて5日目。何がどう変わったか?

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています