シェアする

ADD改善記録|「集中できない時は仕事をしない」という諦めが肝心

add改善記録_18
スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕が、ADDの症状を改善するのに実際に効果のあった手段を紹介していく連載記事です。

※もちろん、人によっては個人差があるのでご了承ください。

▼ADDが分からない方はこちら▼

ADHDやADDという言葉は最近よく聞くと思います。 しかし、未だにADHDやADDの症状や特徴についてあまり知られていません。 ...

先月からこのコーナーを再開したので、これは毎月1~2本ペースで更新していこうと思います。

ADDの眠気や気分のムラはある程度解決できましたが、本当に集中の持続にはずっと悩まされています…。

集中できない時は、充電するまで仕事をしないという諦めが大切

ADDの最大の欠点でもあるかもしれないこの症状。

組織で働くのには最大の弱みです。

集中が続く時は自分でもびっくりするくらい持続するのですが、ダメな時はとことんダメです。

1時間でバツンと集中のスイッチが切れてしまって何もできなくなる時も。

こういう時に、無理やり仕事をしようとすると大概、現実逃避しようと拒否反応を起こしたりと、あまり良い状態になった試しがありません。

なので、最近はもう充電するまで仕事しないと諦めることにしています。

あとは、仮眠しちゃいますね、「もういいや」とw

環境や景色を変えて、気分を切り替えるのが効果的

特に効果的なのが、働く環境を変えることです。

家にひきこもって仕事した方がお金もかからないし、時間もたくさん作れるから良いのだけえれど、僕には全くもって向いていない働き方なので、

先行投資と思ってシェアオフィス代を毎月支払って、気が散ったら高くても集中できるカフェに入るようにしています。

集中できないのが続くと、それがストレスになって気分のムラが出てしまうので。

「在宅」「シェアオフィスで1日作業」などいろいろ試しましたが、一番良いのは、「シェアオフィス」+「カフェ1~2軒」ですね。

集中力が切れるタイミングで環境を切り替えられるから、ちょうど良い。

「短期超集中モード」ができるように訓練する

結局、集中が続かない(注意散漫)というのは性質であって完璧に直せるものでもないので、そこは諦めています。

それよりも、もう一つの能力である「過集中」を伸ばすことを考えています。

ADDの性質として、ある特定のことにのめり込みやすいというものがあるのですが、これを活用して「短期超集中モード」を訓練して会得しようと今実験中です。

「短期超集中モード」は一般的に「ゾーン」といわれるのですが、スポーツをしている時に出やすいとのことなので、最近はジョギングやサイクリングで鍛えています。

まあ、禅やマインドフルネスに近いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

特性を改善するのには、ある程度限界があることに最近気が付きました。

集中できる時間を伸ばして「60%の力で長く作業できる」のを目指すのではなく、

ゾーンに入りやすい体質にして「短時間に超集中して人の3倍の力を発揮する」ことを目指そうと思います。

これならできそうな気がします。

ちなみに、ゾーンがどういうものか?っていうのを知りたければ、「黒子のバスケ」っていうマンガがおすすめ。(正しいのかよくわからんけど、結構当たってる)

ゾーンが発動するシーンが多く出てきます。

とにかく面白いのでおすすめです。

ADDに関する悩み相談行ってます

医療的な見解からのお話しはできませんが、僕の実体験を交えたお話、ADDの症状と上手く付き合う方法など、僕の視点を通したお話をすることができます。

「ネット無料相談」と「対面相談(有料)」の2つがございます!

少しでも、悩んでいることがあれば、ぜひどうぞ!

こちらも合わせて読まれています

【ADD改善記録】注意散漫は「予定の定例化」と「作業記録」で予防できる

ADD改善記録|忘れっぽいクセを直すためのルールはシンプルにしよう

ADD改善記録|先延ばししないように、重要なことは午前中に行う

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています