目標を立てる時には「每日継続しないと達成できない」を基準に考えよう

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

過去記事で逆算思考よりも積み上げ思考だという話をしておいて、だいぶ矛盾しているようにも見えますが・・・。

ただし、今日話す話は、積み上げ思考にもつながってくる話です。

目標を掲げているだけでは達成しない

僕は以前、夢や目標を口に出し、掲げていれば達成できると信じ込んでいました。

しかし、そんなことは全く無いです。

「思考は現実化する」という有名な本がありますが、これも「夢を掲げていれば達成できる」というようなことをいっているのではないのです。

目標を掲げて行動をしなければ、当たり前ですが、成し遂げられません。

目標に対する最初の一歩が「1日の行動」に落とし込みやすいほど、達成しやすい

つまり、目標を「1日の行動に細分化できる」ということですね。

僕は、つい2、3日前、自分のSNSで京都マラソンへのエントリーと、「2017年までに累計428km走る」という目標を宣言しました。

428kmは、1ヶ月に換算すると、約60km

つまり、1日に2km走れば終わる計算です。

「2kmくらいだったら・・・」できそうな気がしませんか?(やり始めて2日目くらいで意外とキツくて後悔しているのは秘密です)

このように、1日の行動に落とし込めるものほど、達成しやすい目標になります。

「每日継続すればギリギリ達成できる」くらいの目標が理想

正直、この僕の1日2km、月60km、累計428kmというのは、かなりギリギリです。

每日サボらず走ればギリギリ達成できそう・・・なレベルの目標です。僕にとっては。

スポンサーリンク

これは、目標に積み上げ思考を取り入れているからだと思います。

つまり、逆算思考に盲信して目標を掲げているだけで、宣言しているだけで達成できると思わずに、日々行動することを重要視して、目標を設計しているということです。

実行できそうな夢や目標も掲げよう

目標や夢は大きくあれ!そういう人も多いかもしれません。

しかし、それだけではおそらく日常、1日の行動と結びつかず、何も行動ができないまま、無為に時間が過ぎるだけです。

そういった壮大な夢や目標とは別に、現実的なもっと低く実行できそうなラインの目標を掲げましょう。

例えば、英会話を上手くなるだとすれば、日常会話のフレーズを年間に60個、つまり月に5個覚えて言えるようになればOK。

ダイエットだったら、年間に7kg、つまり月に0.6kg減量すれば良いわけです。

まとめ

目標を掲げることがつい目的化してしまいますが、大切なのはそれよりも前に進むこと

1日1日、前に進むにはどうすればよいか?

それは、やはり每日継続せざるを得ない、そうしなければ達成できない目標を立てることだと思います。

僕の目標達成度:9km達成/428km(遠い道のりです。。)

こちらも合わせて読まれています

習慣を毎日継続するために欠かせない3つのポイント

三日坊主の人は覚えておきたい継続に大切な7つのポイント【まとめ】

楽しい人生にしたいなら知っておきたい!捨てるべき11の習慣【保存版】

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@始めました!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら