シェアする

「なんだか上手くいかない自分を許すこと」って実は重要なライフハック

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ブログを書いていて気付いてしまいました。

今や、僕の中でブログはなくてはならない、やめてしまうと調子が狂ってしまう、いわばライフワーク的存在になっているのですが、そんなブログでも、ものすごい書ける時と全く書けない時があります。

実は、最近までブログが書けないスランプ、いやライターという仕事自体に行き詰まってました。

スランプを切り抜けられたのには、この「なんだか上手くいかない自分を許すこと」ができるようになったからではないかな?と思っています。

全力でやっても上手くいかない時がある

僕は、ブログを每日全力で書いたとしても、クオリティはバラバラです。

周りから見た評価というよりは、自分の中の採点の話です。

いくら、全力でやっていてもダメな時は本当に駄目です。

「調子が良い時はこんな記事書かなかった!ダメだ、もっと時間かけて書こう」と自分を追い込んでも書けなかった日もあります。

しかし、この時、基準のボーダーを下げてあげれば、たぶん自分は書き上げることが出来て、記事を書くことから解放されたはずです。

每日調子が良い前提の元、記事を書いていたからこうなってしまったのです。

ある程度、妥協しないと疲れる

妥協しないとやっぱり疲れますね。

仕事も一緒ですが、続けるほど周囲からの期待も上がり、自分も自分に対する要求を上げます。

しかし、本来は自由なんですよ。

そのまま上がり続ければどうなるか。

いずれ、疲れてやる気がなくなってしまうのです。

妥協っていうと、聞こえ悪いですが、言い方変えると「自分のこだわりを無くす」ということですね。

こだわりはある面では個性を発揮する大切なものですが、悪い部分に作用すると「行動できなくなる」原因になってしまいます。

調子が良い時ばかりじゃないとあきらめよう

每日、調子が良い日が続くと思うから、落ち込んだり、考え込んで行動できなくなって、余計に悪循環を招いてしまいます。

スポンサーリンク

「どうせこんなものだろう」と最初から自分を諦めておけば、もっと気楽に過ごせるし、調子が良い時が来れば、すぐに好循環の波に乗ることができます。

上手くいかない自分を許せないのは、他人ではなく自分。

もっと、思考を自由にしていくことが大切なんだなと思った今日でした。

「自分を許す」上で参考になる書籍はこちら!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています