【9月から!】水曜日限定でBARをOPENします!
音楽イベントコミュニティ「MUSICROWD」

「音楽をきっかけに一期一会の出会いを」をモットーに、「お客さん参加型」を意識したライブイベント、ジャムセッション、DJイベントを積極的に開催中!!

詳細はこちら!

親、友人、恋人、上司、周りを見て生き続けるのには恐ろしくパワーが必要だ

働き方、生き方
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

昔の自分は周りの目ばかり気にしてました。自分がやりたいことも将来のことも全て「見栄」や「無難」などを基準に決めてました。

それはおかしいと思っていたけれど、その力にどうしても逆らうことができませんでした。しかしです、結局、周囲を見て生き続けることほど、苦しくエネルギーを使うことはないと思っています。

人間の「周りからバカにされたくない」という感情は強大

僕は高校の時、実は大学じゃなく音楽の専門学校にいこうと思ってました。

▼詳しく知りたい方は▼

プロフィール
訪問ありがとうございます。 ここでは、このブログ「おれじなる」と、管理者である僕の紹介を書いていきます。 ブログ「おれじなる」について このブログタイトルには、「自分らしくなろう」という意味が込められています。 僕自身、AD...

でも、親に反対されたからという理由で簡単に諦めて大学に行きました。

大学に入ってからも、音楽で何とか食べていく道を探すことは諦めておらず、結局、大学を出てから音楽の専門学校に入るという道を選びました。

しかし、ここで「周りからバカにされたくない」「失敗したくない」という気持ちが働いてしまい、僕はそれなりに興味があって、それなりに未来がある「広告」の専門学校に進学したわけです。

「他人はどうでもいい」が幸せへの最短切符。みっともなくても誰も気にしてない
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 ちょっと前の自分は「上手くいってない自分」「まだ何もなし得ていない自分」が、大層な発言、偉そうな発言をしたら「バカにされる」とどこかで思って、ブログに自分の思い...

そっからも二転三転、何がやりたいか分からない期間が約4年、そして今現在ようやく自分の進むべき道みたいなものが何となく見えてきました。

音楽やそれ以外のやりたいことの中間をとった折衷案というか、夢でもあり現実的でもありのちょうどいい按配の進むべき道がようやくできてきました。

スポンサーリンク

周囲の視線や評価よりも自分の思いを信じて行動する事が習慣になってないと「こじらせる」

もちろん、今までの過去に後悔はありません。しかし、あの時に音楽の専門学校に入っていれば今のようなこじらせはなかったかなと。

もっと、サクッとやりたいことに忠実に進めていたかもしれません。やっぱり、他人よりも自分の思いを信じて進んでいくということを習慣にしなければ、どこかで迷いも出てきます。

信じるべきものがいつも変わるみたいな。そうすると、なんだかいつも充実感のない日々になってしまって、やりたいことから遠ざかったりするのです。僕もおかげで遠回りしました。

周囲の意見を基準にしていると、騙される

騙されるのは詐欺も含めて。

情報弱者は良いカモにされる。バンドマンでもそれは一緒
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 僕はちょうど今から3年前、詐欺に2回引っかかりました。一つが投資関連の詐欺、もう一つがネットビジネス。 両方とも、学生を付け狙う悪徳極まりない詐欺でした。僕は、その時情報を収...

いろいろな面で。周囲の意見はそりゃ一定じゃありませんから、精神的にも不安定になります。

「精神的に不安定」なのは「経済的に不安定」よりもやばい。何かにすがりたくもなるし、更に他人に助けを求めたくなる。要は悪循環なのです。

抜け出すには1つしかなくて、周囲の意見を聞かずに自分で考える癖をつけること。

簡単なものでもいいですが、天気予報の気温を信じずに、自分の直感で服選ぶ(実際に僕やってます)、ニュースは見るだけじゃなく、自分なりに多角的視点から考察するなど、自分で考える方法はたくさんあります。

 

他人の力、環境の力って強いんです。

だから、僕はこのブログでしきりにいっているのは全部環境のせいにして、逃げてみること。

我慢ばかりの人生なんてもったいない。嫌ならどんどん逃げよう。
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 逃げるというと、「苦しい時に逃げたら成長はできない」「今逃げても、また同じところでつまづくよ」といわれたりします。 実際、僕自身もこうやって何度も言われて...

本当に、悪い影響しか受けないから、そんな環境や人は捨ててしまえば良い。もし、捨てたり逃げられないから、少しでもいいから距離を置く。人のこと考えている時間を作っちゃダメですよ、まず自分です自分。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

元広告代理店マンでWeb集客とデータ分析が得意。ライター、ブロガー。音楽イベント団体「MUSICROWD」代表で、音楽を軸にした面白いイベントを展開中。歌ソロ活動してます。発達障害(ADD)(軽度)です。