シェアする

自分を型にはめず、過去にも未来にも執着せずに柔軟に生きる

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近、つくづく大切だなあと思うことが「柔軟に生きること」と、「今この瞬間に集中すること」です。

今に集中すると、過去にも未来にも気にならなくなります。

陰口、批判の言葉にも気にならなくなります。

そういったしがらみに執着するから、おかしな方向に進んでしまうのです。

今、この瞬間を知っているのは自分だけなので、周囲のガヤなど参考にならないからです。

水の流れのごとく、柔軟に生きていきましょう。

これやっちゃっていいのかな?とか、考えたりしていると、結局、良いアイデアは出ないです。

とにかく、知らぬうちに付着した全てのフィルターから自分を外してみる必要があります。

フィルターで硬くなった自分を柔軟にして生きていく感じ。

思い込みは、知らぬ前に自分の中で習慣化されています。

口癖やしぐさによって。でも、そういうところから少しずつ修正していけば、徐々に自分を変えることはできる。

「過去こうだったから、たぶん今後もうまくいかない」と早合点してしまいがちですが、後ろ向きな口癖やしぐさが何かの拍子で習慣化されてしまっただけのことが多いです。

過去→未来とリンクさせてしまいがちですが、本来は現在の積み重ね→未来が正しいわけで、過去は関係ありません。

ただの結果です。

あと、未来も分かりっこありません。未来は未来。

現在をとにかく一所懸命、何ができるか。それが何より大切です。

こちらも合わせて読まれています

視野が狭くなってきたら、作った計画を全部ぶっ壊してみるのもアリ。

スポンサーリンク

行きづまったら、視点を変えるために今出来ることから始めてみる

コロコロ意見が変わる自分を気にしたって仕方がない。もっと気楽にいこう。[週記]

僕の頭を柔らかくしてくれた、おすすめ書籍

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています