二度寝をしてしまうのは、寝る前の「起きられるはず」という根拠のない自信が原因だった

自己管理
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近、生活リズムが崩れてしまっています。ずっと、早起き生活が続いていたのに珍しく生活リズムが少し崩れてしまいました。

起きる時間も5時、6時、7時とどんどんと遅くなっています。

「なんで早く起きれなくなったのか??」

考えてみたら、ある結論に行き着きました。

「早起きが習慣になったから、多少の夜更かしは大丈夫」という根拠のない自信を持つようになった

早起きが生活習慣になってしまったからこそ、起きてしまったことなんですよね。

「早起きができるようになったから、少し寝るのが遅くなっても、睡眠時間が少なくなっても多分大丈夫だ!」

これが積み重なって、どんどん寝る時間と起きる時間が遅くなってしまいました。やっぱり、自分の適正な睡眠時間(私は7時間です)を守らないと、早起きはできないとつくづく実感しました。早起きは自然と身につくものではなく、早寝と適正睡眠時間を継続的に守っているからできていた習慣だったのだと、改めて気付かされました。

二度寝してしまうのは「気合い」ではなく「睡眠」が足りないから

起きる気がないから二度寝をしてしまうと思いがちですが、十分に睡眠が足りているはずならば、二度寝はしません。早起きするためにいろいろなことをしてきたので、これははっきりといえます。

▼こうして早起きできた~寝る前にとるべき行動3コ~▼

こうして早起きできた~寝る前にとるべき行動3コ~
早起きができない以前の私は起きる方法に問題があると思い、目覚ましを変えたり、たくさん目覚まし時計をおいてみたりと試したが、ダメだった。だが実は寝る前の行動に問題があった。
スポンサーリンク

▼知らなかった!人間は、朝起きる時間で眠くなる時間が決まるらしい?▼

知ってた?眠くなる時間は朝起きる時間で決まるらしい
決まった時間に寝るのは質の高い睡眠を保つのに重要な事。実は眠くなる時間は起床時間で決まっています。毎日起きる時間がバラバラだと寝付きが悪くなり、「寝ても寝ても眠たい」状態に陥って作業効率が悪くなります。これが不眠の原因になるのです。

気合いで起きようとすれば、習慣化は難しくなります。睡眠が足りないと体が訴えているのに無理やり起きるわけなのだから、そんなやり方では長続きしません。

睡眠時間がもったいないという感覚を捨てる

自分はまだまだこの感覚が捨てきれていないなと思いました。ついつい寝るのがもったいないと思ってしまう。

ほら、寝ている間って自分は何もしていないと思いがちでしょう?でも実際は「休む」という重要な仕事をしているんですよね。実際は何か行動をしているわけではないので、もったいないとついつい思ってしまうのですが、必要なことなんですよね。

よく「8時間は寝すぎ。4時間で十分だ」という人もいますが、それはその人はその睡眠時間で十分というだけです。普通の人は、短い睡眠時間ではろくに仕事も遊びもできません。まずは自分の適正な睡眠時間を把握することが必要です。

▼予定通りにいかない時は自分の行動パターンを把握すると上手くいく▼

予定通りに行動できない時は、まず自分の行動パターンを把握しよう
私は兼ねてから、予定を立てても、予定通りにいかないことに悩んでいた。現在、週3回はライターのアルバイトとしてオフィスに通勤し、それ以外は自分のオフィスにて、受けている記事執筆の仕事に取り組んでいる。そのため、アルバイト以外の時は自分で予定を立てる必要があるのだが、これがどうしてなかなか上手くいかないのだ。

たとえ、寝すぎてしまっても、それはそもそも自分にとって必要な睡眠時間だったのです。寝すぎてしまう時は大概、睡眠時間のリズムが崩れている時、夜更かしが続いた時です。

早寝早起きの生活を続けて、自分に必要な睡眠時間をとっていれば、実はこういうことはあまり起きなくなります。しかし、僕のように寝ることを許さなくなると、いずれまた体が悲鳴をあげて強制的に寝るようになります。

ここは僕自身、訓練の足りないところ。ここのマインドは変えないと、と思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】