シェアする

毎日楽しい生活にするのなら、白か黒かで明確に線引きしちゃダメだよ

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕は「中庸」という言葉が好きです。言葉の意味は、「片寄らず中正なこと」です。

なんでも偏りがある判断・考えはよくないです。自分にも他人にも良くも悪くも影響を及ぼしますから。やっぱり自分の思う通りの充実した生活を送るにはこの考えが大切なんだろうなと思っています。

白でも黒でもないあいまいな部分に本質があると思う

結局、起きている間も寝ている間も、選択の連続なんですよね。

1日の初めには、起きるか寝るかの選択肢があって、次に朝食を食べる、食べないの選択肢があります。このように無意識に無数の選択を行っています。

とかく重要な判断も、毎日行っている感覚で白か黒で判断してしまいがちです。

俵谷 龍佑です。 ドラマーとしてバンドで飯食っていくという状態にしていきたいというのは、目指すところではあるが、自分でもまだまだピンと...

最近忙しいから、なにかやっていることを辞めないといけない。じゃあ趣味でやってるサッカーをやめよう。

【忙しい→何かやめる】という安直な構図ですね。

本当にそれでいいんでしょうか。全ての時間を満べんなく減らすのではだめ?

安直に考えるとゼロか百になってしまい、少しでも方向を間違えれば充実しない生活に進むかもしれません。

犠牲にする心がけは何にもかっこよくない

僕にとって「犠牲にする」という言葉は酢豚の中のパイナップルくらい嫌いです。

本当に意味がわからない。もちろん、究極的な状況なら犠牲という選択肢が必要になるかもしれません。

でも基本は必要のない選択肢であるべきです。

スポンサーリンク

捨てるか残すかって誰でもできる判断ですよね?考えるのを努力してないように見えちゃいますね、自分は。

あくまで、比率や優先順位の問題で完全に切り捨ててしまう必要はないわけです。犠牲の代償はでかいですよ。方向間違えてたら目もあてられません。別に毎週やっていたサッカーは2ヶ月に1回やれば良いじゃないですか。辞める必要はないんです。そういうことだと思います。

「そんなんでやる意味あるの?」

「そんなんで本気でやっているなんていわれたくない、全力でやれよ」

そうやって言う奴には鼻の中に鏡餅でも突っ込んであげてください。そんな言葉聞く必要もないので。

完全にやめてしまってその事柄に対して一切かかわらなくなると、また再開するのは非常に難しいですよ。重い腰をなかなか上げられないのが人間です。人間は怠け者ですからね。

今ある選択肢だけじゃなく、第三、第四の選択肢を考える

趣味を存分にできる生活を送りたい、収入もたくさん欲しい、自分の興味のある分野で働きたい。

これを全て叶えようとすると、わがままだ、無理だといわれます。なんでわがままなんですかね?

「わがままだと逮捕されます」なんて法律はないんですよ。

しかし、人間はどれか一つを選択しないと達成できないとついつい思い込んでしまう。わがままでも別によくないですか。人に「迷惑をかけるな」と教えられたかもしれませんが、「嫌われるな」とは親も教師も教えていないはずです。

人じゃなく自分。自分の中の現実をみよう。

そうすればもっと純度の高い自分の欲望、願望が見えてくるはずです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています