いきなりWordPressテーマの変更はNG!事前に確認すべきこと、注意点

ブログ・ライティング
スポンサーリンク

Webライターの俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

年も明けて、これを機にWordPressのテーマでも変更しようかしら?って思っている人も多いんじゃないですか?

僕も、実は昨日一瞬、このブログのテーマを変えたのです。(気づいた方も中にはいたかもしれません)

しかし、運用に支障が出たので、すぐに元のWordPressのテーマに戻しました。

僕の体験から、いきなりWordPressのテーマを変更してはいけない理由や事前に注意点について書いていきます。

いきなり、WordPressのテーマを変更してはいけない理由は?

データが消える

これが最も困るパターンです。(僕は大丈夫でした)

可能性は高くはないですが、0%じゃありません。データのバックアップをとっていなければ、今までのものが全て水の泡です。

管理画面が上手く作動しなくなる

WordPressのテーマを変更するとインストール済のプラグインと相性が合わなくなる、一部の機能が作動しなくなることがあります。

カスタマイズ画面でテキスト入力が出来ない、ボタンが押せないという事象はよく発生します。

真っ白になる

WordPressのテーマを変更すると、真っ白になるという事象報告もあります。

表示がバグる

地味にイヤなのがコレ。

上2つに関しては、内側の問題なので、復旧できれば何とかなりますが、表示のバグに関しては記事数が多い人ほど、気づきにくいです。

テーマを変えると、それに伴ってデザインも全部変わってしまうので、こういうエラーに対処していかないといけません。

新しいテーマへ変更・移行する前に確認すること

これらを外すと、あとあと運用に支障が出て元に戻す羽目になります。

僕のような状態にならないためにも、みなさんここに書いた内容をぜひメモしてもらえればと思います。

WordPressのテーマ変更する場合は、ネットで調べるのももちろん、ライブプレビューか、テスト環境で実際に触ってみましょう。

実装されている機能を確認する

これは、WordPressのテーマ変更で最も大切な注意点です。

僕は、SimplcityからATLASという有料テーマへ変更したのですが、Simplicityにあった諸々の機能がATLASにはなく、またプラグインで補完することも難しいということを実装後に気づきました。。

しかも、どれも使っていた機能だったので、さすがにないと困るため、元に戻すことに決めました。

移行後のテーマに元の機能があるか、またプラグインで補完できるか、この2つをおさえておきましょう。

スポンサーリンク

ウィジェットの数を確認する

サイドバー、フッダー、SNS下などのスペースをフル活用したいなら、ウィジェットは確認必須ポイントです。

例えば、僕の場合、Simplcityのウィジェットを使ってネイティブ広告を貼っていましたが、ATLASには、そこの位置にウィジェットが存在しませんでした。

こういったように、ウィジェットの数が少ないままだと、広告が貼れない、別サイトへのバナー画像が貼れないといった支障が出ます。

ショートコードを確認する

上で表示がバグるという話をしましたが、テーマに依存したショートコードを使っていた場合、この現象が起きます。

ショートコードは、テーマごとに特有のものを使っているケースが多く、テーマの変更と同時に、表示崩れが起こります。

ブログやサイトで最も致命的なのがブログカードです。

ブログカードが外れるということは、すなわちページセッションが減る、直帰率が上がるということを意味します。

テーマによっては、ブログカードがない場合、外部リンクだけブログカード化しない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

ショートコードで確認するのは、以下の3つです。

  • ボタンやバッジ
  • 文字装飾(蛍光マーカーなど)
  • 囲いボックス

まとめ

年末年始の落ち着いたタイミングでまとめてやってしまおう!と、SimplcityからATLASへ変更したのですが、完全にミスりました。。

念のため、ATLAS批判みたいになっているので、訂正させていただくと、かなり使い勝手も良いし、デザイン性も優れています。

ただ、このブログには合わなかったというだけ。

その証拠に、僕が別で運営している「MusicFans」というサイトで使わせてもらっています。

MusicFansとは?
音楽好き、音楽ファンが集うイベント・交流会・サークル横断ポータルサイト

テーマへ移行・変更しただけで終わりではなく、実はちょっとやらなければいけないことがあるのですが、それは長くなるので、また別の記事で書きます。

今日紹介した有料テーマ

こちらも合わせて読まれています

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

Webライター/イベントオーガナイザー/雑草茶専門家です。今年のテーマは「エコ」と「場作り」。 音楽イベント団体「MUSICROWD」代表。2019年から京都⇔東京の二拠点生活の予定。発達障害(ADD)(軽度)です。