実はとっても簡単!ロリポップでPHPのバージョンを確認・変更する方法

シェアする

スポンサーリンク

Webライターの俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

PHPのバージョンを確認・変更することって、普段はないですが、新しいテーマやプラグインを入れようとする時に、バージョンの条件として「PHPがver〇〇以上」というものがあり、ここでつまづく人も多いハズ。

僕もそのうちの一人でした。PHPとか言われると、「面倒くさそう」と勝手に思い込んで避けていましたが、いざやってみたら全然簡単でした。

今日は、ロリポップでPHPのバージョンを確認・変更する方法をご紹介!

ロリポップでPHPを確認・変更する前に、バックアップを取っておこう

PHPの変更は、データが消える、正常に作動しなくなるといった事態を引き起こすことがあるので、必ずバックアップを取っておきましょう。

ロリポップの場合は、「バックアップオプション」に加入するのでも良いですし、公式プラグイン「BackWPup」を使っても良いです。

ロリポップでPHPを確認・変更する方法

まず、ユーザー画面に入り、[サーバーの管理・設定]から[PHP設定]を選択。

変更したいバーションを選択し、[変更]ボタンをクリックします。

PHP最新版の7.1だと、CGI版とモジュール版の2つがありますが、このPHPのバージョンの違いは速度です。

スポンサーリンク

モジュール版にすると動作速度が高速になります。ちなみに、モジュール版はスタンダードプラン以上のプランでないと使うことができません。

変更したら、5〜10分程度で反映されます。

PHP7.1にすると、データベース接続確立エラーと表示されることも

「データベース接続確立エラー」というのは、WordPressがデータベースを読み込めない状態のことを指します。

これになると、サイトが表示されずに「データベース接続確立エラー」の文字が出た状態のままになります。

「データベース接続確立エラー」は、WordPressのデータの中身が吹っ飛んだわけではないのでご安心を。

ロリポップでPHPを7.1版に上位変更した場合は、パスワード形式を「old_password形式」から「native_password形式」変更する必要があります。これをしないと、「データベース接続確立エラー」になります。

詳しくは、ロリポップのサポートページに書いてあります。これ見てから変更をするようにしましょう。

ロリポップ!レンタルサーバーに多く寄せられる質問の中のCGI・SSI・PHPについて『PHP7.1利用のドメインで簡単インストール、サイト表示ができません。』のページです。

まとめ

ロリポップでPHPを確認・変更をするのはとても簡単ですが、バックアップやパスワード形式のことを確認せずにいきなりやってしまうとパニクるので、慌てず甘く見ずに慎重に設定を行いましょう!

こちらも合わせて読まれています

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています