すぐに習得できる!作業効率が何十倍も向上するテクニック《サク読み記事》

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

今まで、過去にいくつか作業効率に関する記事を書いてきました。

今から3、4年前でしょうか。本格的にパソコンを使い始めて、初めてショートカットキーの存在を知りました。 ショートカ...
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 以前の自分は時間管理が甘く、仕事はおろか...

しかし、今回ある作業をすることで劇的に作業効率を改善できることに気がつきました。今日はそれを。

リンク先は「新規タブを開く」で開くことを習慣にする

当たり前で馬鹿げているようですが、これを習慣化するだけで驚くほど作業効率が上がります。

どういうことかといえば、例えばこのページ。これは私のブログトップページですが、クリックすると次のページに遷移されます。これだとトップに戻るのにいちいち上の[トップへ戻る]のボタンを押す必要があり二度手間です。

そこで「新規タブで開く」というテクニックが非常に役立ちます。これをすることでトップページを別タブに残したまま、遷移先のページを見ることができます。

スクリーンショット 2015-10-17 10.33.12

スポンサーリンク

実はこの操作はスマホでもできます。

スマホの場合は、クリックしたいリンク先を長押しすると、

IMG_0604

IMG_0603

このようにメニューが表示されるので、[新規タブで開く]をクリック。どう簡単でしょう?

特にスマホの場合は、この効果は顕著です。ニュースサイトなどでリンクがはりめぐらさせている記事を見る際には、ストレスなくリンク先のページも開きつつ、記事を閲覧することができます。ただし、タブは開きすぎると通信速度が重くなるので要注意です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています