シェアする

作業効率を格段に上げたいなら、絶対に覚えておきたいショートカットキーまとめ

スポンサーリンク

今から3、4年前でしょうか。本格的にパソコンを使い始めて、初めてショートカットキーの存在を知りました。

ショートカットキーを使い始めてから、もはや意識はしなくなりましたが、当時のショートカットキーを使わずにポチポチ作業していた時のことを考えると、時間を無駄遣いしていたなあとゾッとするものです。

僕は、ショートカットキーを使い始めてから、本当に作業効率が上がり、より多くの作業をすることができるようになりました。

ここでは、僕が実際に重宝しているショートカットキーについて紹介します!

作業効率上がること間違いなしですよ!!

超基本編~これだけで作業スピードが倍になる〜

パソコンを使い慣れている人にとっては、当たり前のものばかりかもしれませんが、一応紹介します。

もし知らなかったという人はぜひとも覚えてもらいたいです。差は数秒~数十秒かもしれないが、ちりも積もれば、を考えれば、恐ろしく有用なショートカットキーばかりです。

Ctrl+Z 戻る

Ctrl+A すべて選択

Ctrl+C コピー

Ctrl+X 切り取り

Ctrl+V 貼り付け

Ctrl+S 上書き保存

Ctrl+N 新規作成

最強のショートカットキー2つ

圧倒的に効果があるのがこの二つ。これを完全にものにするまでには少々時間がかかりますが、習得したらとんでもなく作業効率が上がります。

Winキー+D 開いている全てのウィンドウを閉じる、デスクトップに戻る

※作業時間差:数十秒~60秒ほど

ウィンドウの数が多いほど有効。

Alt+Tab アプリケーションの切り替え

※作業時間差:数十秒~60秒ほど

このショートカットキーは、案外知らない人が多いですね。

スポンサーリンク

と、ただ説明してもすごさが分からないと思うので、2つのショートカットキーがどれほど効果的か、「ショートカットキーを使った場合」「使わなかった場合」で作業時間の差をグラフにまとめてみました。

※「デスクトップに戻る」の作業を1日に3回すると仮定、作業時間の差が30秒

ショートカットキー_グラフ1

たった、ショートカットキー1つで1ヶ月で約46分の差がつきました。恐るべし。

※「アプリケーションの切り替え」を1日に5回すると仮定、作業時間の差が30秒

ショートカットキー_グラフ2

こちらは、1ヶ月で90分も差がついています。

まとめ

最後にグラフで示したように、ショートカットキーをたった一つ覚えるだけで、差がつくのが分かったかなと思います。

「でも、月に数十分でしょ?」と思うかもしれませんが、これはこの2つのショートカットキーに限定して話をしているから。

例えば10個のショートカットキーを使える人とそうでない人で比べれば、この10倍、20倍以上の作業時間の差がつくということになるのです。

タイピングスキルは、今や多くの職業で求められるスキルとなっています。ぜひ、活用してみてください。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています