シェアする

ライフログの記録をつけ始めたら、だらだらする時間が減った

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ライフログとは、「生活の記録をデジタルデータに残す」ことです。このライフログをすることの効能について、今日は書いていこうと思います。

今まで、Googleカレンダーに予定しか記録していませんでしたが、「◯◯時間寝た」という実際の行動を予定から上書きして、Googleカレンダーに記録するようにしました。これをすることで、自分がどれほど休憩し、どれほど睡眠をとっているのかを明確にすることができます。

以前も書きましたが、僕は「Gcal2Excel」を使ってカレンダーに書いた予定をエクセルにエクスポートしています。

▼「Gcal2Excel」についてはこちらを▼

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 以前の自分は時間管理が甘く、仕事はおろかプライベートでも湯水...

「睡眠」「休憩」を記録して、動ける時間を明確にしておく

「睡眠」「休憩」は普段は無意識に消費している時間ですが、これを可視化させると、意外に自分に時間がないことがわかります。ほらこの通り。

「睡眠」「休憩」を意識するようになると、自分が稼動できる時間を正確に把握することができます。

スクリーンショット 2015-07-06 19.24.28

スポンサーリンク

だらだらする時間が圧倒的に減った

スクリーンショット 2015-07-06 19.30.48

自分の空いている時間がさほどないということが分かれば、だらだらする時間はなくなります。

この上のカレンダーはすごい忙しそうに見えますが、ほとんどが「ブログ更新」「ご飯」「休憩」ということがわかります。

普段行動していることを全て記録しているだけです。それでもこれだけ時間が取られているのだから驚きですね。

自分の普段の行動サイクルにあわせて、予定を組める

ライフログをつけるようになると、だんだん自分の行動パターンが読めてきます。

自分の行動パターンが読めるようになれば、どのタイミングで仕事や休憩をすれば良いかが分かって、スムーズにストレスなく日々過ごすことができるようになるので、おすすめです。

▼こちらもあわせてどうぞ▼

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 以前の僕は、常にバタバタ、セカセカ。 使わなくても良いところにパワーを注い...
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今までは時間管理をするというと、とても窮屈で縛られたイメージ...
僕は、予定を立てても、予定通りにいかないことが多々あります。つい最近までは、そのことで悩んでいました。 まあ、今考えれば取るに足らない...
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています