うつは詐欺師みたいなもの。「まさか自分が」と患う病気です

キャリア・働き方
スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕は、ADD(注意欠陥障害)によって、日々の生活が上手くいかない状態をこじらせてしまい、過去に2度ほどうつ病になったことがあります。

うつ病の怖いところは、なったことに気が付かないこと。

健常と非健常の境目のない怖い病気です。

うつ病かもと疑う自分がイヤだ

うつ病って、今でこそメディアに取り上げられるようになりましたが、僕がうつ病になったのは、今から4年も前なので、当時はうつに対し「根性なし」みたいな印象が何となく世間にありました。

だから、自分がうつなんて認めたくなかった。

うつになっている自分が嫌だったから。ちょっと違和感あるけど、知らんぷりしてました。

異常が「日常」になると気づきにくい。他人も気づかない

最初はちょっとおかしいなと思っているものを放っておくと、だんだん麻痺してきて当たり前になる。

しかし、もうこの時からうつは始まっていたりするのです。

これを放っておくと、どんどん悪化して「あれ、やばいかも…?」と思った時にはもうこじらせちゃってるのです。

うつになった時の詳細に関しては、こちらに書いてあるので読んでみて下さい。

軽度のうつ病に陥り、無気力に襲われた時の対処法と解決策【体験談】
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今では当たり前のように耳にする「うつ病」。 僕自身も、かれこれ3〜4年ほど前に様々な出来事が重なり、軽度のうつ病になり、慢性的な無気力状態に陥ったことがあ

うつのやっかいなところが、他人から気づいてもらえないということ。

親戚や友達にさえ、つい強がって隠してしまうから、他人に気が付かれないことが多い。

スポンサーリンク

だから、うつ病はやっかいなのです。

「おかしい」と思ったら、早い段階で病院へ

ちょっとおかしいなあと思ったら、過去に書いたうつのチェックリストを確認してみてください。

それはうつなのでは?うつの予兆が見抜けるチェックリスト5つ
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 僕は過去に2度ほど、軽度のうつ状態になって寝たきりになった経験があります。 うつの怖いところは、突然来るのではなく知らぬ間にやってくるところです。 うつになって、全く動

公正で客観的な評価を早めに受けることがとても大切です。

うつは、ちょっとした心の疲れとか、将来の不安とかの蓄積で誰にでもなる病気です。

心のケアとか考えの整理とか、いつも後回しにしてしまうことが、うつの素になることが多いです。

休むことは、「さぼる」ことじゃないです。

辛かったら無理せずにいったん休みましょう。

うつ病っぽい症状が出たら無理せず休もう。頑張っても悪化するだけだよ。
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 僕がまだ自分がADDという病気も知らずに、何かおかしいと思っていた時の精神状態はとても不安定でした。 今は、ADDという診断を受けて、改善すべき点が分かったので、安定して普通

どうしても休めないなら思い切ってやめたり、逃げたりしましょう。べつに死にやしません。

そのまま、突っ走って、精神的に死ぬより断然マシです。

こちらも合わせて読まれています

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

元広告代理店マンでWeb集客とデータ分析が得意。ライター、ブロガー。音楽イベント団体「MUSICROWD」代表で、音楽を軸にした面白いイベントを展開中。歌ソロ活動してます。発達障害(ADD)(軽度)です。