うつ病っぽい症状が出たら無理せず休もう。頑張っても悪化するだけだよ。

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕がまだ自分がADDという病気も知らずに、何かおかしいと思っていた時の精神状態はとても不安定でした。

今は、ADDという診断を受けて、改善すべき点が分かったので、安定して普通の人と同じような精神状態にまで持ってこれました。就活や大学卒業という転換の折に、鬱積してた蓄積とか世間とのズレをまざまざと感じて、その度にうつ状態になっていました。

当時は自分は怠けちゃいけないと、どこか自分を無理に動かしていたところがあり、それが余計に症状を悪化させていました。

無理はよくない。動けないのは体から出てる危険信号

無理はダメ。僕が身をもって知ったことでした。動きたくないのは体から出てる「危険信号」
それを無視したら反動がきちゃう。

無理をしても、誰も得しないんだ。
他人から頑張ってるねというささやかな称賛の声をもらえるだけ。そんなことのために、身を滅ぼすなんてもったいないよ。

「何もしたくないという」自分の欲求にとことん従う

「何もしたくない」をわがままと勘違いする人がいるけど、本来当たり前の欲求だよね。

スポンサーリンク

お腹空いたらご飯食べるよね?
眠かったら寝るよね?

なのに、なぜ「何もしたくない」欲求を、みんな否定するんだろう?

立派な欲求なのにね。何もしたくないというのは、無欲じゃなく、だだこねてるんじゃない。

だからね、とことん「何もしないで」みる。

そうすると、勝手に否が応でも動きたくなるもんだ。僕は実際にそうやって、徐々にだけれど、動けるようになった経験があるよ。

「頑張ること=無理を押して仕事をする」ことじゃない

これ、はき違えている人多いけれどさ、全く意味を理解してないと思う。

人間は機械じゃないから、上手くいかないときもそりゃあるんだよ。頑張れない時に頑張っているのは、それは無理してるだけ。

なんで、頑張るんだろう?

人に認められたいから、怠けてると思われたくないから、社会不適合と思われたくないから。
結局、他人なんじゃないかな。

もう、充分頑張ったから、いったん休んでいいよ。マラソンでいえば、ぶっ通しで100km走ってるようなもん。

そんな状態なんだからさ、ちょっと休んだっていいんじゃない?誰も咎めやしないよ。
そして、回復したらまた動こうよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

「旅しながら働く」フリーランスのWEBライター。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。学生時代にバイトを2回クビになり、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。採用・地方創生が専門領域。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。