おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

出来ない自分を責める必要はない。だいたい「やり方」が悪いだけだから。

time 2015/12/10

出来ない自分を責める必要はない。だいたい「やり方」が悪いだけだから。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

会社をやめるまで、僕は世の中的に「できない人間」、もしヒエラルキーを作るなら、将来、絶対に末端になるんだろなと絶望していました。そのくらい、自分に自信がありませんでした。

もう学生でバイトをしていた頃から仕事をするたびに怒られていたから、自信なんて持てませんでした。

ただ、会社を辞めてから違う視点で世の中を見るようになって気づきをたくさん得て、僕は自分に対して自信が持てるようになりました。

スキル不足なら、「スキル」をつければよい

もともとの能力が低い人なんていないんじゃないかなと思っています。ただスキル不足なだけで。

しかし、特定の技術やスキルを身につけるのは、一朝一夕では出来ません。それなのに、無理難題をごちゃごちゃ言ってくるやつがいたら、無視しましょう。そんなやつと話をしていても、きりがありません。

スキルをつけるのには、環境は非常に大切だと思います。

環境が合わなければ、ストレスも多いのでスキルをつけるのにも苦労します。「環境のせいにするな」と言いますけれど、どんどんして良いと思います。

人生長いのだから、ひとつひとつのことを自分自身のせいにしていたら、きりがありません。そんなに責任を抱えられるほど、人間は強くできていません。無理なら、責任を投げ出しちゃいましょう。戦闘不能になるよりはマシです。

本質的な問題は「やり方」

「やる気あんの?」

よく、ミスして怒られるときに言われる言葉ですね。この言葉って本当に無駄な問いだなと思います。やる気なかったらとうの昔に辞めてますからね。正直、やる気はあんまり関係ないです。やり方がどうだったか。

ただ怒りたいだけの論理の通っていない質問に、気持ちを乱される必要はないです。問題は、やり方。

やり方を見直して、次のやり方が見えたらミスはさっさと忘れる。反省は自分を責めると別ですよ。

スポンサーリンク

「良いやり方」に出会っていないだけで、能力が低いわけではない

「なんだか上手くいかないな」ということが立て続けに起こると、ついつい自分を責めてしまいがちですが、実際は「自分にあったやり方」に出会っていないだけと思っています。

やり方を変える一つとして、環境を変えるのもそうです。アプローチを変えてみる、自分に合ったやり方に出会うまで、いろいろ試してみる。

一つに固執して、自分の可能性を伸ばそうとしてもそれは無理ですよ。だってもしかしたら、そもそも、その一つが「良いやり方」じゃないかもしれない。

僕はこのことに独立してから気がつきました。今は個人として働いていますが、やっぱり僕は組織で働くのが苦手です。いろいろな人と共同してやるのが苦手なわけじゃないですが、人の人の間で必要になる折衝とかコミュニケーションみたいなのは苦手です。

というか、性格上せっかちなので、そういうのが苦手なんです。だから、自分で完結してしまうような仕事のやり方の方がとてもやりやすい。不要なコミュニケーションもなくなりますし、また責任も出てくるから程よい刺激的なプレッシャーがでてくる。これが楽しい。

 

前の会社では、本当に「使えない」社員だったと思います。しかし、ありがたいことに仕事をもらえるようになってから、「自分は能力が低いわけではない、やり方が悪かったんだ」と思うようになりました。

自分の能力を疑う必要がないんです。ただ「やり方」を変えるだけだと思います。本当にここに尽きると思います。

やり方に関しては、過去にもいろいろと書いているので、参考によければ読んでみてください。

▼「やりたいことを見つける」よりも、「満足していない」今の環境を変えることの方が先決▼

http://orezinal.com/150229

▼ブログを毎日継続するのに行った事は「やる気を上げる」ではなく「継続できる仕組み」にこだわること▼

http://orezinal.com/150140

▼上手くいかないときに実践したい3つの考え方〜社内失業の時、「自分はできないやつだ」と責めなかったから精神を病まずに済んだ〜▼

http://orezinal.com/150078

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]