おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

やりたいことをするのに必要なことは「お金」より「工夫」をすること

time 2015/09/29

やりたいことをするのに必要なことは「お金」より「工夫」をすること
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

今月も残すところ、あと2日です。今月は初めての税金の手続き、ジョギングの再開、ノマドの働き方の実践として羽田空港に行ったりと個人的にはチャレンジングな月だったなと思っています。

独立して5ヶ月、最近になって気がついたことが一つだけあります。今日はそれを。

好きなことをするために必要な要素は「お金」より「工夫の力」

私はやりたいことリスト的なものを作っています。書かないと忘れてしまうので、備忘録的に書きまとめています。

「スカイダイビング」「トライアスロンに出場」「マチュピチュに行く」など費用がかかるものが多いのが実情です。特にトライアスロンは3~5年といった長期スパンで体作りをするのにも費用がかかり、出場するのにもお金がかかります。

海外旅行は総じて費用が高いです。正直今は会社に勤めている人よりも収入は少ないので、かなりかつかつです(笑)

お金ができてから実行しよう、だから今は何もしない。

これでは意味がないのではと最近思っています。

例えば、トライアスロンであれば、今できる範囲で体を鍛える、例えばジョギングをするなど。

ジョギングした後って疲れてしまって、仕事に支障が出ます。特に記事を書く仕事は頭を使うため、少しの疲労や眠気が仕事の能率に影響します。

そのため、夜でも走れるようにジムに行こうかと考えていました。

こういう風に考える裏には自分の勝手な思い込みがありました。朝の時間にジョギングをする方が健康に良い、体にとっても気持ちが良いと思い込んでいたからです。変な思い込みでお金をかけないと走れないと思い込んでいました。

現在は、朝5時に起きて、早めに仕事を終わらせて夜に用事がなければ、家に早く帰り少しの時間でも走るようにしています。少しでも体を鍛えて、5年後にトライアスロンに出場するという目標に近づくためです。

スポンサーリンク

 

海外旅行だって、今は費用がなくていけなくても、今のうちから海外の料理を食べたり、英会話の勉強をすることはできます(できていませんが)

そういう小さい行動の積み重ねが大切だなと最近思っています。

今月チャレンジしたこと

羽田空港で働いてみた

http://orezinal.com/150145

私が将来的に成し遂げたいことが「こんな自分でも、”好きな場所”で”好きなことだけ”して生きるライフスタイルを実現できる」という生き方です。

▼詳しくはこちら▼

http://orezinal.com/150148

この第一歩として、羽田空港で自由な働き方を実験してきました。結果は失敗に終わりましたが(笑)

なにせ、まだWi-Fiの接続速度が遅いのです。これからに期待です。次は成田空港でもチャレンジしてみようと思います。

住民税の手続きを初めて行った

http://orezinal.com/150156

個人事業主には必ずやってくる、税金手続きという一大イベント。なんとか突破しました。

税金は本当に毛嫌いしていてギリギリまで手続きしないつもりでしたが、面倒なことは早く終わらせようということで住民税の分納手続きをしました。

思いのほか早く手続きが終わりました。柔軟に対応してくれることがわかって安心しました。

早めに手続きを済ませることが重要であることを学びました。

ジョギングで1日6km走った

1日6km走れるようになりました。今では6km走っても疲労感というよりは達成感の方が強くなりました。最初は2kmくらいでヒイヒイいって、足も次の日はものすごい筋肉痛になっていたし、それ以前に人の目が気になってジョギングができなかったです。(笑)

http://orezinal.com/150040

今月の人気記事

http://orezinal.com/150072

またもやこの記事が1位でした。この記事を書いて公開した6月から3ヶ月連続トップを記録しています。

http://orezinal.com/150127

収入・貯金系の記事は多くの人の関心を集めるようです。全てぶっちゃけています。

http://orezinal.com/150155

これは最近の話メインで書いています。苦労したことを赤裸々に綴っています。

http://orezinal.com/150073

フリーランスになるまでのpart2の記事です。

http://orezinal.com/150143

iPhone 6s/6s Plusの発売する月ということもあって、この記事を見る人が多かったようです。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]