髪色、洋服、予定の立て方、全部に「自分らしさ」が出ているか?

好きなことだけで生きていく
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近は、「自分らしさ」とは何かを追求する日々です。

自分の行動一つが、自分のらしさを形作ると考えると、非常に熟慮して、いろいろなものを選択しないといけないなと思っています。

全ての行動の積み重ねが「自分らしさ」を作る

分かりやすいところだと、髪型、服装、住む場所だと思いますが、これは付き合っている人、食べているもの、読んでいる本、仕事を選ぶ基準・・・・

全てに言えることだと思います。

その全ての行動が、自分らしさにつながっていると認識しているか?

髪型、洋服、仕事の立て方、妥協はよくない

自分が納得していて、その髪型、洋服にしているのであればいいと思うのですが、妥協をして決めるのは本当に良くないなと思います。

世間の目が・・・ではなく、自分の好きな髪型にすべきだし、洋服を着るべきです。

大人になると、子供の純粋な楽しむ心は忘れ、つい相手視点になってしまいがち。

本来は、全て「自由に選べるはず」なのに、それが選ばされている。

そういう状態は、とても人として不健全だし、良くないと思うのです。

シンプルを追求すれば、「自分らしさ」に近づく

自分はいろいろな面があるのだから、いろいろなことをすればいい。

少し前の自分は、そう思っていました。

そして、「全部、全力でやればいい」そう思っていました。

スポンサーリンク

だけど、全部全力なんてことは土台無理な話で、自分がイメージする理想には近づけないのです。どれか一つに絞らない限りは。

だから、シンプルに「今どうありたいのか?」これを追求することが大切です。

今この瞬間に、「最高の自分」でいれるようにする

将来、「最高の自分」でいるのではなく、今「最高と思える自分」でいる。

そのためには、全部の選択に妥協があってはダメで、自分がしっくり来ないものは断っていかないといけません。

それは、洋服から、食べるもの、住む部屋、仕事、趣味、あらゆるものにおいて。

こう聞くと、窮屈な感じがしますが、なんとなくしっくり来ない選択をし続けていると、「なんとなく悩み続ける」ことからは抜け出せません。

それこそ、窮屈な状態です。

まとめ

今までの選択を一つずつ疑ってみる。

要は、自分を疑うということですね。

本当にこれでいいんだっけ?

このままでいいんだっけ?

もし、考えてみて、結果今のままが良かったらそれはそれでいいじゃないですか。

ただ、もし今の状況を変えないといけないとわかっているのに、それを見えないふりをして、何年も経過していることのほうがよっぽど恐ろしいですよね。

振り返ること、疑うこと。常に続けていきたい習慣です。

こちらも合わせて読まれています

「そもそも論」の話ができない人は、知らずうちに他人も自分も傷つける

仕事がうまくいかないと思ったら、まず今の環境を疑ってみる

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】