シェアする

ADDという目に見えない障害に時折感じる閉塞感と生き辛さ

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

今日は少しだけ暗い話というか、自分がADDという障害に悩んでいる、心の内を少しぶっちゃけようかと思います。

自分を発達障害と疑い、病院で診断をしてもらったのが2年前。

僕は、ADD(注意欠陥障害)の傾向が強いと診断されただけで、結局、ADDではないという診断でした。

ADDについてはこちらをどうぞ

ADHDやADDという言葉は最近よく聞くと思います。 しかし、未だにADHDやADDの症状や特徴についてあまり知られていません。 ...

発達障害は、非常に診断が難しく人によっても診断が変わるし、正直、定義自体もまだ議論されているのが現状。

僕は時々、自分のこの不出来さ、異常な部分を病気ではなく怠けなのでは?と思ってしまう時があります。

発達障害を言い訳文句に使っているのか?と思ってしまうことがある

実は、全部で3回、それぞれ別の病院で発達障害に関して診断してもらったことがあります。

1回目はカウンセリングだけで「ADHDかも」、2回目は血液検査まで行い「異常ありませんでした」、そして3回目はカウンセリング〜テストまでがっつり診断してもらい、「ADDではないけれど、そういう傾向があるね」と診断されました。

全部バラバラでした。

僕は、ADDであってほしいと願っていたわけではありませんが、自分のこの不出来さの正体が一体何なのか?明確にしたいという気持ちはありました。

このADDの診断というのが過去記事でも書いたように、第三者の意見による客観的な意見を参考にするため、とても公平な診断と僕は思えなくて、納得できませんでした。

また、診断に行こうと思っていますが、実は自分が本当はやればできるのに、そういう障害と結びつけて怠ける口実にしているのか、それともほんとうに真実を知りたいのかよく分からなくなっています。

人より出来ることが限られるため、成長速度が遅い。そのことに焦りを感じる

僕は、まず組織で働くことが苦手です。

これは、大学時代のアルバイト時代から何となく疑問に感じていたことで、社会人になって

この疑問は確信に変わりました。

関連記事

社内失業したのを機に、苦手分野を克服しようと努力するのをやめた話

他にも、苦手で出来ないことがたくさんあります。

みんながスラスラできることができないことだらけで、人よりも成長速度が遅くて焦ることがあります。

特に、独立している人は行動のスピードが早いので、僕のようにやることが限られてしまうと
そのスピードの差に凹むこともしばしば。

スポンサーリンク

共感してもらえない慢性的な不満、フラストレーション

ADDの症状って、ケース・バイ・ケースで明確な症状がありません。

僕と初対面の人にはADDについて話をすることが多いのですが、ほとんどの場合「そう見えませんね」といわれます。

これが、ADDのやっかいなところで特徴でもあります。

なので、症状について色々話しても、そもそも説明が難しいし理解されることが少ないです。(もちろん僕の説明不足ということもありますが。。)

正直、理解されないことに対してのフラストレーションはたまります。

まとめ

完全、愚痴みたいになってしまいましたが。。

何故この記事を書こうかなと思ったかといえば、周りにADDの方がもしいたらこういった悩みを抱えているかもしれないよ、ということを知ってもらいたかったことと、

こういうグレーゾーンで悩んでいる人に悩んでいる人は他にもいるよってことを知ってもらおうと思ったから。

僕は、ブログでADDや発達障害の悩みを聞く相談コーナーをいますが、相談される方の大半はグレーゾーンで悩まれている方です。

もし、一人で悩んでいるのなら、ぜひ相談ください。

僕は、投薬治療をせずに自助努力である程度症状を押さえ込むことができました。

そういったこともお話しすることができます。ぜひ、下記からどうぞ。

ADDに関する悩み相談行ってます

医療的な見解からのお話しはできませんが、僕の実体験を交えたお話、ADDの症状と上手く付き合う方法など、僕の視点を通したお話をすることができます。

「ネット無料相談」と「対面相談(有料)」の2つがございます!

少しでも、悩んでいることがあれば、ぜひどうぞ!

こちらの記事も合わせて読まれています

ADDと疑いつつも、約5年放置。診断に至るまでの経緯と診断内容をまとめました【体験談】

ADDと診断されてから1年。いまだに目に見えない敵と闘っています

「怠けているだけじゃない?」→大体ADDはこうやって誤解される

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています