閃輝暗点になったよ。光の残像が消えないで目に残るなら発症を疑おう

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

実は、先日眼科に行って参りました。

というのも、数日前から目の調子がおかしくて。

眩しいものを見てないのに、目にフラッシュのような光の残像が20〜30分くらい残るようになりまして、これはやばいということで眼科に行って参りました。

そしたら、「閃輝暗点(せんきあんてん)」という症状と告げられました。

閃輝暗点(せんきあんてん)?なんじゃ、その電気系の必殺技みたいな名前は!?

閃輝暗点(せんきあんてん)って何?

閃輝暗点(せんきあんてん)とは、

「前触れなしに視界にフラッシュの残像(のこぎり型)のような光があらわれて、視界が見えにくくなる現象」

20~30分すれば収まりますが、その後偏頭痛や吐き気などを催します。

僕の場合は、嘔吐や吐き気といった症状は出ませんでしたが、軽い頭痛が発生しました。

閃輝暗点(せんきあんてん)は何が原因で起こる?

閃輝暗点が起こる原因は、中枢といわれる部分の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためと考えられています。

ストレスから開放されて安堵した時、緊張から緩和に移ったタイミング、またパソコンやスマホで点滅するものや動く物を頻繁に見ていると生じやすいと言われています。

閃輝暗点は、「偏頭痛の前触れ」とも言われる症状なので、偏頭痛持ちの人にはよく起きるといわれています。

スポンサーリンク

しかし、僕は偏頭痛などめったに起こさないのですが、それでも発症しました。

僕の場合、パソコンの見すぎだったようです。。

パソコンで作曲にハマっていたので、その時に確かに画面チカチカしているのを長時間見ていたような…。

関連記事はこちら

初心者も手軽に作曲できるGarageBand(ガレージバンド)の使い方解説【基本編】

やってみて分かった、初心者に作曲の勉強が難しい理由3つ

閃輝暗点(せんきあんてん)はどういう症状?

僕の場合で説明します。

まず、光を見てもいないのに視界に点形の光の残像が突然現れます。

そのうち、その点形の光の残像の範囲が広がっていき、最終的にはのごぎり型の模様に変わりチカチカと動き出します。

閃輝暗点になっている最中は、視界が一部欠損して見えなくなります。

僕の場合は、左上辺りが白ずんで見えなくなりました。

ちなみに、眼球の問題ではないので、目を閉じてもこの光の残像は見えます。(右側でもこの現象は発生しました)

光の残像が見えなくなった後、人によっては頭痛、吐き気、嘔吐を催します。

僕の場合だと、じわじわとくる軽い頭痛があるくらいで、全然耐えうる痛みでした。

正直、頭痛よりもこの閃輝暗点が出ている最中が気持ち悪かったです。

続きはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら