Quick Adsenseで文字化けしてしまった日本語を直す方法

SEOライティング/ブログ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

Quick Adsenseは非常に便利なのですが、僕がブログで使っているテーマ「Simplicity」と相性が悪いのか、広告コードに入力した文字がバグってしまいました。

「Quick Adsense」についてはこちらをどうぞ

Quick Adsenseを使うと、好きな位置に広告を配置できるよ
記事ごとに広告を設置すれば自由に位置を決められるけど面倒。一括で設定し、かつ位置をもう少し自由に変えたいという方にはQuick Adsenseがおすすめです。僕はQuick Adsenseを使いクリック率が1.5倍ほど上がりました。

「スポンサーリンク」の文字のコードを入力した瞬間にバグ発生…。

色々とネットで対処法を調べていたら何とか解決できたので、僕が実際にやってみた方法を以下で紹介したいと思います。

Quick Adsenseで文字化けした時の対処法

スクリーンショット 2016-05-30 19.43.08

まず、[プラグイン]からQuick Adsenseの項目の[編集]をクリックします。

 

スクリーンショット 2016-05-30 19.44.45

スポンサーリンク

quick-adsense/quick-adsense-admin.phpに移動します。

※phpファイルを編集するので、バックアップは取っておいたほうがよいです。

修正箇所①

変更前$cod =(get_option(‘AdsCode’.$i));
をCtrl+F(検索)で探し、以下のコードに書き換えましょう。
変更後$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i), ENT_QUOTES, ‘UTF-8’);

修正箇所②

変更前$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i)); 

をCtrl+F(検索)で探し、以下のコードに書き換えましょう。

変更後$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i), ENT_QUOTES, ‘UTF-8’);

これで保存すれば修正完了です。

これでQuick Adsenseに「スポンサーリンク」等、日本語を入力しても文字化けすることがなくなります。是非試してみて下さい!

こちらも合わせて読まれています

[no_toc]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】