All in One SEO Packを使って、記事ごとにnoindex設定する方法

スポンサーリンク

ブログを長い間運営していると、内容がひどかったり、文量が少なかったりして、ユーザーの滞在時間が短い、直帰率が高いといったページが増えてきます。

このブログも、なんだかんだ500記事を超えてきたので、特に昔の書き始めの頃のものはそういう記事が多いです。

Googleでは、ブログ(ドメイン)の評価を記事全体を総合的に見て決めているため、こういった昔の記事が足を引っ張ったりします。

じゃあ、どうすればいいのか。

noindex設定をすることで、検索順位が向上

直帰率が高い、滞在時間が短い記事で、「書き直すくらいなら、もう一から書いたほうが良い…」というくらいの記事であれば、noindex設定をしてしまいましょう。

noindex設定をすると、検索結果に表示させなくすることができます。

これを適切に使えば、ブログ全体の価値を上げ、検索順位を向上させることができます。

All in One SEO Packを使えば、記事ごとにnoindex設定ができる

記事ごとに、noindex設定ってどうやれば良いの?って話ですが、これは初心者ならみな最初にお世話になる、「All in One SEO Pack」で簡単に設定することができます。

スポンサーリンク

「All in One SEO Pack」をダウンロードしていることを前提に話を進めちゃいます!

まだ、インストールしてないよ!って人は。こちらのページ見て、基本設定をしてみてください。

noindex設定をする方法

[投稿一覧]から、noindexさせたい、記事の編集画面に入り、下にスクロールしていきます。

すると、[Robots Meta NOINDEX]という項目があるので、チェックをつけます。

これだけ!恐ろしく簡単ですね!!

まとめ

今回は、noindex設定がサイト全体の評価を上げる、noindex設定の方法について書きましたが、

念のため、補足しておくとnoindex設定は間に合わせの対応です。

リライトをして、ユーザーにとって価値のある記事に生まれ変わらせるまでの間、検索結果に反映させないというのが適切な使い方です。

5000記事くらい膨大なページがあるのなら、おそらくnoindex設定をした方が効率的ですが、普通にブログを運用する分には、たぶん最終的にリライトをした方が良いですね。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@始めました!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら