おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

【書評】「悩みグセ」をやめる9つの習慣:和田秀樹著

time 2015/06/17

【書評】「悩みグセ」をやめる9つの習慣:和田秀樹著
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

昔から、色々と悩む癖があって次の日までひきずるタイプでした。悩みグセを何とかしたいと思ったときにこの本に目が止まり、思わず購入してしまいました。

この『「悩みグセ」をやめる9つの習慣』は非常にシンプルに書かれていて読みやすかったです。この書籍で紹介されている中でも実際に効果のあった部分を抜粋して紹介します。

1.できないことは後回しにする

typewriter-801921_640

昔からあった自分のよくない癖でした。

実際に私も仕事で提案書を作る際、提案の内容の全体像は作れるはずなのに、提案する商品の知識のインプットばかりに時間を割いてしまって、提案書がお粗末になってしまったということが何度もありました。

勉強でも仕事でもそうなのですが、できないことに固執していると時間だけが過ぎて、できたはずの部分も締切りまでに出せずに怒られるということが起きてしまうのです。

2.ひとつのやり方にこだわらない

oil-paints-260025_640

上手くいかないときに限って、ひとつのやり方にこだわってしまいがちです。

結局、そのやり方に慣れてしまっているので、そのやり方にこだわってしまうのです。他のやり方に切り替えれば、上手くいくかなあと頭の中では思っていても、面倒くさいからとやり方を変えようとしない。

僕は、ここに気が付いて週に1回程度「日々の生活方法を見直す時間」を作っています。最近になって、本当に今の進め方で良いか振り返ることが重要であることが理解できました。

3.分かってくれるという幻想を捨てる

person-864804_960_720

スポンサーリンク

分かるだろうという前提で、話をすると誤解が生まれます。

以前、直属の上司をCCに入れずに社内の人にメールを送った際に非常に怒られました。なぜ送らなかったのかといえば、さほど重要でないメールであったため、不要なメールの確認の手間をとらせたくないと配慮したためです。

私は「まあ言わなくても伝わるだろう」と思って、言わなかったのがいけなかったのです。一言いっておけば、また状況は違っていたかもしれません。

4.完ぺきを目指さない

puzzle-673250_640

いきなり、完璧を目指して行動をするとだいたい失敗をします。

提案書の仕事の例を出します。私は提案書を「デザインもかっこよくて、一目でみて説明している内容が分かる提案書」を目指して作成していました。しかし、すぐに新人が作れるわけがありません。

結局、デザインやグラフにこだわりすぎて書いてある肝心の内容の裏付けが全然取れていなくて、直前でかき集めてお粗末な提案書になってしまったという経験がありました。

最初から完璧にするのは難しい。しかし、70%で作って余裕があったらそこからブラッシュアップすれば、いきなり作るよりは質の高いものを作れる確率が上がるのです。

5.欠点を克服するごとに個性も失う

fair-313157_640

欠点は克服をしたほうがいいと思いがちですが、直しすぎると面白みのない人間になってしまいます。

仕事をする上で直した方が良いこと、例えばコミュニケーションとかメールのマナーなどそういう基本的なことは直す必要がありますが、自分の苦手な部分を無理やり克服する必要は決してありません。

克服するより、得意分野を伸ばした方が実は早く成長したりするのです。

▼今日、紹介した書籍はこちら▼

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]