ホームページ制作支援サービス「Quick Page」

対面ならわずか2〜3日で納品できる迅速ホームページ制作サービス。個人事業主・スタートアップの方におすすめのサービス。オプションで操作マニュアル・Web集客メニューも。ライティング代行も行っております。

お問い合わせはこちら

MacBookのバッテリー交換修理って?対処法と交換目安の時期

ガジェット・アプリ
スポンサーリンク

独立してから、MacBookを使い続けているので、いよいよMacBookにもガタが出始めているようです。

電池のところに「バッテリーの交換修理」という表示が出始めてしまいました・・・。この表示は一体?

「バッテリーの交換修理」とは?

MacBookの上部にある電池マークをクリックすると、バッテリーの状況を見ることができるのですが、気がついたら「バッテリーの交換修理」という警告になっていました。

バッテリーが破損しているのかな?と不安になりましたが、調べてみたらどうやら違うみたいでした。

単純に、電池が寿命になっているだけです。

ちなみに、電池のステータスは、「標準」「間もなく交換」「今すぐ交換」「バッテリーの交換修理」と4種類あり、新品の状態では標準になっています。

独立してから、MacBookを使い続けているので、いよいよMacBookにもガタが出始めているようです。

バッテリーを交換する前にやっておくべきこと

MacBookのバッテリーをリフレッシュしましょう

MacBookのバッテリーを交換する前に・・・。

まだ、1年程度しか使っていない場合、バッテリーのリフレッシュで状況が改善される場合があります。

公式情報

Apple ポータブル:コンピュータのバッテリーを調整して最適な状態にする
iBook、PowerBook、MacBook、MacBook Pro コンピュータのリチウムイオンバッテリーを最大限に有効利用できるように調整できます。

ただし、最近のMacBookのモデルは自動で調整されて出荷されているので、ほとんどの方は必要ないかもしれません。

MacBookの電源コードを交換してみる

MacBookの電源コードの内部が断線している場合、正常に充電されていない可能性があります。

長く使っている方は、疑ってみましょう。

MacBookのバッテリー交換方法は?自分でできる?

MacBookのバッテリーは、AppleStoreのGenius Barで予約し、サポートを受ける方法が一般的ですが、自分でMacBookのバッテリーを交換することもできます。

自分で交換すれば、費用が安く、予約などせずに自宅でできる手軽さがあるものの、充電されない、動作に不具合が生じるなどのトラブルが発生することもあるので、おすすめはしません。

スポンサーリンク

もし、どうしても自分でMacBookのバッテリーを交換したい場合は、こちらの記事を参考にどうぞ。

MacBook Proのバッテリー交換を自分でやってみた | 料金も安いし早いぞ!
筆者はMacBook Proを使用して5年が経ちますが、まだまだ現役バリバリで動いてくれています。 しかし使用期間が5年にもなるとバッテリーはかなり劣化しており、常にケーブルに挿しておかないとあっという間に消耗してしまう状態になっています。 そこで私はMacBookProのバッテリーを交換すべく、アマゾンへダッシュしま

MacBookのバッテリー交換をする方法

Genius Barで予約する

Genius Barから予約します。

もし、朝一で行けるのなら、そのまま予約せずにAppleStoreに行きましょう。

朝一で行けば、キャンセル待ちですぐに入れる確率が非常に高いです。

僕も何回もその方法を使っていますが、10分くらいで受付してくれます。

MacBookのバッテリー交換費用は?

MacBookのバッテリー交換費用は、大体12,800円〜19,800円くらいになります。

保証期間内であれば、無料で交換ができます。

バッテリーの寿命・交換目安はいつ頃?

この「バッテリーの交換修理」という表示が出る目安、いわゆるバッテリーの交換目安は、実はMacのパソコンで確認することができます。

その方法を以下で紹介します。

MacBookのバッテリー寿命を確認する方法

[リンゴマーク]をメニューを表示させて、optionキーを押すと、この[Macについて]メニューが[システム情報]に切り替わるので選択。

 

ハードウェアの[電源]メニューの[充放電回数]を確認しましょう。

公式情報によれば、2009年以降のMacBookは、充放電回数が1000回ほどです。

Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を調べる
Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数の調べ方を説明します。

僕は、679回なので、あと300回ほどしかないことが分かります。

まとめ

MacBookのバッテリーが使えなくなると、とても仕事どころじゃなくなってしまいます。

「バッテリーの交換修理」という表示が出始めたら、スルーせずにすぐに対応しましょう。

こちらも合わせて読まれています

【初心者必見】MacBook Airを有線LANでネット接続する方法

High Sierraへのアップデートが原因?Macがくるくるしてフリーズする現象を直す方法

Macユーザー必見!Finderのタグを活用してファイルを管理しよう

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

元広告代理店マンでWeb集客とデータ分析が得意。ライター、ブロガー。音楽イベント団体「MUSICROWD」代表で、音楽を軸にした面白いイベントを展開中。歌ソロ活動してます。発達障害(ADD)(軽度)です。