「変換エンジンプログラムが反応していません。」はGoogle日本語入力の設定が原因?

ガジェット・アプリ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

Macで作業をしていたら、突如出始めた「変換エンジンプログラムが反応していません。このアプリケーションを再起動してください。」のメッセージ・・・。

全く見に覚えがないので、なんだこれは?と気になって調べてみたら、まさかの「Google日本語入力」が原因でした。

「変換エンジンプログラムが反応していません。このアプリケーションを再起動してください。」って?

要は起動時に文字まんまで変換エンジンプログラムを立ち上げないといけないという警告文になります。

つまり、自動で立ち上がらない設定になっているということ。

いろいろ調べてみたら、Google日本語入力が犯人だったようです。

変換エンジンプログラムを立ち上げる設定

設定方法はいたって簡単。

ConfinDialog(Google日本語入力の環境設定)を選択。

スポンサーリンク

 

[ログイン時に変換エンジンプログラムを起動する]にチェックを入れます。

 

これで、「変換エンジンプログラムが反応していません。このアプリケーションを再起動してください。」というメッセージはもう表示されなくなるはずです。

まとめ

人によっては、「変換エンジンプログラムが反応していません。このアプリケーションを再起動してください。」が出て続けて他の作業もできなくなることもあるそうで・・・。(僕も場合は違いましたが)

なにはともあれ、これでこの問題は解決するはずです。

こちらも合わせて読まれています

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

「旅しながら働く」フリーランスのWEBライター。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。学生時代にバイトを2回クビになり、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。採用・地方創生が専門領域。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。