シェアする

早寝早起きを徹底すべく、評判の高いシリコン耳栓「Macks Pillow Soft」を使ってみた

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近、寝る時間を徐々に早めていて、最終的には22時半くらいまでに早めたいと思っているのですが、早すぎると結局、寝付くまでに時間がかかるという悩みがありました。

「運動をして無理やり疲労させて寝付くようにする」とか「お腹いっぱい食べて眠くなる状態にする」とか色々試しましたが、今の家は少々壁が薄く、隣の物音が聞こえるため、一度物音が気になってしまうと、なかなか寝付けないのであります。

そこで、考えたのが「耳栓」です。

あんまり、耳栓はやりたくなかったのですが、このままだと一向に早寝にならないので、思い切って性能の良さそうな耳栓を探して購入することにしました。

そこで、僕が良い!と思ったのが「Macks Pillow Soft」です。

シリコン耳栓って?

通常のものだと、プラスチックやスポンジのものが一般的ですが、この「Macks Pillow Soft」は材質が「シリコン」です。

そのため、形状を手で変化させることができます。こんな感じ。

参考 このようにチギったり、自分の耳の穴にフィットする形に整えられる

「Macks Pillow Soft」の使ってみた感想

「Macks Pillow Soft」の良かった点

自分の耳穴に合った形に変えられる

なんといっても、自分の耳にフィットした形に変えられるところですね。

Amazonページには、注意事項として「ちぎらないでください」と書いているのですが、そもそもこれは海外製品のため、確実に女性にはサイズが大きすぎます。

あんまり、小さくちぎると、穴の奥に入ってしまうので、確かにそこは注意が必要です。

つけたまま寝ても外れない

自分の耳穴にフィットさせているので当たり前ですが、結構スポンジの耳栓とかだと寝ている最中にすっぽ抜けることが結構あります。

とれるかとれないかを気にせず寝られるのは良いですね。

スポンサーリンク

「Macks Pillow Soft」の悪かった点

遮音性はさほど高くない

遮音性が良い!というレビューがあったので購入したのですが、個人的な感覚だと、耳を指で軽く塞いだくらいの感じで、完璧な遮音はできませんでしたね…。

シリコンの割に固い

シリコンと書いてあったので、柔らかいと思いきや意外とつけてみると固く、圧迫されると痛いだろうなと思うくらいの固さでした。

僕は、横寝をするので、「途中で耳痛くなって起きたりしないかな」とつい心配になってしまい、結局、仰向けで寝てました。まあ、ストレスっちゃストレスですね。。

つけにくい

通常の耳栓であれば、耳をつける部分がくぼんでいたりして、すぐにつけられますが、これは自分で形状を整えるので、下手くそに変形させると、すぐにとれてしまったり、つけるのに時間がかかったりします。

まとめ|「Macks Pillow Soft」の使用感レビュー

「Macks Pillow Soft」は、僕が最も悩みだった「物音」を遮音できないので、ちょっと長く使い続けるかは疑問です。

まだ、数日しか使ってないので、もう少し使い続けて見ようかと思います。

今日紹介した「Macks Pillow Soft」はこちら

こちらも合わせて読まれています

関連 数あるイヤホンの中で、Appleの純正イヤホンが実は最強なんじゃないかと思ってきた
関連 Runtastic(ランタスティック)があればサイコンいらず!走行速度を測れる便利アプリ

関連 「Googleリアルタイム翻訳」が面白すぎて中毒必須。使い方も紹介

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています