「値切り」はみっともなくない。値切ることで常識を疑う視点を鍛えられる

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

過去記事でも書いたのですが、この度晴れて一人暮らし生活に戻りました。

今日で10日目、ようやく生活も元の様相を取り戻しつつあります。

しかし、まだまだ買わないといけないものがたくさんあり、なかなかやりたいことができなくて、そわそわしている状態です。

僕は、音楽のイベントを定期的にやっているのですが、昨日がちょうどその音楽交流会の日でした。

参加者の中に、当日に関西から来られた方がいまして(イベントのために来たわけではないですw)、その方に「値切る」ことについて色々聞いて、かなり勉強になりました。

表示されている価格は「値切り」を前提にしたもの

値切ったことは人生の中で一度もありません。

それは、僕にこういう心理があったからです。

「値切ったら商売上がったりなんだろうな・・・。」

しかし、参加してくれた関西の方いわく、表示されている価格は値切り前提のものらしいのです。

それを聞いて、なるほどと思いました。

確かに、僕たちはついお店に並んでいるものが全て「正しい」と思ってしまいがちです。

そこに表示されている価格や商品が正規のものであると。

どうせ買うなら安い方が良い

僕はあんまりこういう考え方がありませんでした。

しかし、改めてこれを言われた時に「確かになあー」と思いました。

お金を増やす方法だと、真っ先に収入を増やすという方法を思いつきますが、本来の価格よりも安く買うというのも一つの方法です。

コストカットと同じ考え方ですね。

スポンサーリンク

地味だしあんまり気づかないし、まあいいやとなってしまいます。

しかし、関西の方はお金にシビアだから、こういったところの感性が鋭いのです。

皮肉とかじゃなくて、本当にすごいなあと思ったのです。

生活術に長けているというか、生き残る術を知っているんだなと思いました。

「値切り」は常識を疑う視点を鍛えられる

値切りは、いわば「これは本当の価格かそれともフェイク価格か?」を見抜くようなものです。

常に、表示されている価格を鵜呑みにせず、自分で咀嚼し、そして自分なりに結論を出す。

購入するってある種の決断です。

料金を鵜呑みにしてしまっているということは、ある種、他人に判断を委ねてしまっているということにもなりかねません。

「本当にこの価格?もっと安くならないのか?」もう少しそう考えてみても良いのかな、と思いました。

実際に値切ってみました

というわけで、昨日、某大手家電量販店でパソコンを購入する予定があったので、早速値切って来ましたw

結果は・・・500円の値引きw(しょぼい)

交渉が未熟すぎて、これ以上突っ込めませんでした…。いや、まだまだですね。

しかし、初回にしてはひとまず1円でも値切れたので、健闘かと。

次回、大きな買い物があった時は、もっと頑張って値切ります。

こちらも合わせて読まれています

ケチと節約の違いを見極めよう。「ケチ」は浪費を促し、「節約」は貯金を作る。

全て自分でやるのには限界があるけど、人に任せきりは良くない

フリーランスで一生仕事に困らない人は、マネタイズを工夫している

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています