ライターが実際に使っている、情報の裏取りに有効な5つの方法

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ライターという職業柄、自分が発信する情報への信頼性はかなり神経質になります。

それは、ツイッターなどのSNSにつぶやくものもそう。

もちろん、ライターにとって文章力も大切なのですが、この正しい情報かどうか見極める裏取りは本当に大切。

今日は、僕が実際に仕事で使っている情報の真偽を見抜く方法をご紹介。全部で5つ。

情報の裏取りに有効な5つの方法

1.逆行して1次情報まで辿る

Webライターの業界でも、今となっては基本中の基本のことだと思います。

昨年「Welq」の大炎上事件が発生したため、多くの企業は情報の信頼性にシビアになっています。

もちろん、企業担当者に情報の真偽を確認する時間はないのは現状で、結局、ライターの目に委ねられることになります。

そのため、この力をつけることはライターにとっての価値になります。

1次情報が国家機関、マーケティング調査会社のレポートにたどり着けばOK、1次情報がまとめサイトなら真偽の程は怪しいです。

2.一般論か、個人的意見か区別して考える

きわどい内容でも、一般論だとOKなことがあります。

Welq炎上の問題以降、特に薬事法にはうるさくなりましたが、例えば、「生姜を飲むと身体がポカポカするから、冬におすすめ」というのは、僕はOKかと思います。

というのも、これは一般論としてみんなが知っていることだから。

しかし、「生姜がデトックス効果があり、癌に効きます」と謳ったら、真っ黒にNGです。

スポンサーリンク

ですので、もし際どい情報があったら、「一般論」か「個人的意見」かどうか区別して考えるようにしましょう。

3.コピペチェックツールを使う

コピペチェックツールとは、記事執筆の発注者向けに開発されたコピペ防止ツールのこと。

回数に制限はあるものの、無料で使えるものがいくつかリリースされています。

有名なところだと、「こぴらん」「Copy Content Detector」「CopyDetect」あたりです。

僕もお世話になっています。

普通、発注した記事のチェックで使いますが、僕はこれを情報があっているかどうか、どこの情報を参考にしているのかを見抜く時に使います。

というのも、

コピペチェックツールだと、このように整合率などを見ることが出来るから。

整合率が低いほど、オリジナルのものということが分かります。

(このブログ記事をツールで分析したもの。)

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています