Webライターに仕事を頼むなら、この4つを決めておくとスムーズです

SEOライティング/ブログ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近は、Webライターという仕事も認知されてきましたが、まだまだ知らない人の方が多いです。

そこで、この記事ではWebライターの仕事とは?Webライターへどのように仕事を頼めばよいのか?そのあたりを細かく書こうと思います。

Webライターとは?

Webライターとは、ニュースサイト(Yahoo,エキサイトなど)、企業が運営する公式ブログ、、プレスリリース、求人情報などの記事作成をする仕事です。

Webライターといっても、実はさまざまな活躍の場があり、それぞれWebライターでも得意・不得意があります。

Webライターの種類について

フリーライターの平均年収は?稼げる人と稼げない人の違いって?
フリーライターって新しい仕事がゆえに、なかなか説明しても理解されない職業。 そもそも、フリーライターは食っていけるのか?年収っていくら?未経験でも単価をアップさせる方法など、ぶっちゃけなところをお伝えしていこうと思います。

私が今まで書いたものに関しては、こちらをご覧ください↓

制作実績
こちらは、管理人、俵谷龍佑が過去に執筆した記事でございます。 自己紹介(俵谷龍佑)はこちら 下記のページについて、生き方・あり方などを詳しくまとめております。 現在、取引中の案件一覧 取引開始時期 ジャンル ...

どういう経緯で頼まれる?

記事作成って、誰でもできそうに見えてとても難しく奥が深い仕事です。

社内に記事作成の担当者がおらず、仕事が回ってくるケースが多いです。

決めておくこと

決めておくことは全部で4つ。

依頼する前に決めておくこと①記事の方向性

「どういうテーマを書いてほしいのか?」

「誰に向けて書くべきか?」

ここが明確になっていないと、なかなか話が進みませんし、費用もイメージしにくく、ライターの方も正確な見積もりが出せなくなります。

読者ターゲット、テーマ(ざっくり)は最低でも決めておきましょう。

依頼する前に決めておくこと②納期

特に、複数のクライアントを抱えているライターなら、納期は気になるところです。

スポンサーリンク

毎回、2〜3営業日とかだと、他の案件よりも優先させる必要が出るので割増料金が発生したり、金額によっては、あまり質が高くないものが納品されてしまいます。

相場の納期は、取材モノで大体5〜7日、コラムで4〜7日です。

依頼する前に決めておくこと③記事の目的

ここが最も重要です。

記事の目的がわからないままだと、ライターの方も何を書いてよいのかわからず、ふわっとしたものしか出来上がりません。

アクセスアップなのか、ブランディングなのか、

そのあたりはクリアにしておきましょう。

依頼する前に決めておくこと④作業範囲

ライターといっても、作業には色々種類があります。

  • 記事の企画を考える
  • 記事に入れて欲しいキーワードを調査・選定する(必要ならば)
  • 取材する(必要ならば)
  • 音声データから書き起こしする
  • 記事を作成する
  • 記事に必要な画像を選定する
  • WordPressなどサイトに入稿する

これのどの範囲までをお願いしたいのか、ここを明確にしておくと、ライターの方はとてもイメージが湧きます。

ライターの方はどれだけ時間がかかるのか?という部分をもっとも懸念するので、作業範囲を明確にすると良いです。

執筆のご相談はこちら

当方は、ただ書くだけでなく、サイトの全体設計、戦略立て、記事の企画から一緒に考えていきます。

ライター料金表・価格表はこちら
ご訪問ありがとうございます。 こちらは僕の仕事であるライターの実績、料金表、価格表のページです。 当方のプロフィールに関しては、こちらをご覧ください。

執筆のご相談は下記フォームよりお気軽に。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ADD(グレーゾーン)が原因で入社半年で社内失業してフリーランスに。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。旅する音楽イベントライター。旅先でジャムったりライブレポ書いたりしてます。 発達障害(ADD)の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【歌/京都/料理/野草茶/自転車】