シェアする

Googleドライブのゴミ箱内のファイルが消えない?解決法を教えます

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

先日なのですが、Googleドライブから「もう無料版の容量の制限(15GB)超えそうですよ」という通知が来てびっくりしました。

調べてみたら、原因はGoogleドライブのゴミ箱の中にある一時ファイルと不要なファイルの山だったわけですが、こいつらが全然消えない。

色々調べたら同じような現象で悩んでいる人が多数。

無事解決できたので、Googleドライブのゴミ箱内のファイルを消す方法についてシェアしたいと思います。

Googleドライブの「ゴミ箱内のファイル」が消えないのはなぜ?

「もうすぐ容量がいっぱいです」の通知が来て、久しぶりにゴミ箱を見てみたら2000個の一時ファイルと不要なファイルが溜まっていました。(今はきれいサッパリです)

上のように、Web版のGoogleドライブで[ゴミ箱を空にする]を選択して作業しても、一向にファイルは消えない…。

重いからかな?とどうしたら良いものか困惑してました。

対策:スマホ版Googleドライブでゴミ箱を空にしよう

いろいろ調べながら試してみたところ、スマホ版Googleドライブから[ゴミ箱を空にする]の作業をすると上手くいきました。

削除したはずなのに、このようにGoogleドライブ内のファイルが消えずに表示されることがありますが、これはバグなので気にしないでOK。(実際にパソコンを開いて、ゴミ箱が空になっていれば問題ないです)

スポンサーリンク

適度にゴミ箱を空にしましょう

まあ、僕もこれで学んだのですが、都度Googleドライブのゴミ箱のファイルは消しましょう。

容量いっぱいだと、Googleドライブに同期されないので注意です。

Googleドライブの無料プランは15GBですが、年間2,500円(月250円)のプランにすれば100GB、年間13,000円(月1,300円)だと1TBまで使えます。(最上級のプランだと、30TBまでファイルを保存できます)

まあ、個人で使う分には15GBで全く問題ないですが、業務用として使うなら有料のプランでも良いかもしれませんね。

あと、まだスマホ版Googleドライブ持ってないよ!って方は、こちらからダウンロードどうぞ!

Googleドライブのアプリはこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ!

「Googleリアルタイム翻訳」が面白すぎて中毒必須。使い方も紹介

ひと目でタスクを確認できるメモツール「Google Keep」ってご存知?

タスク管理アプリ「gTasks」の使い方を解説します《iPhone版》

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています